【フェラーリ・ローマへ英国試乗】ライバルはベントレーかつマクラーレン 新たな戦いの始まり 後編

公開 : 2021.01.15 16:25

マラッネロ製V8エンジンで後輪を駆動する、2+2クーペのフェラーリ・ローマ。スポーツカーと呼ぶべきか、グランドツアラーと呼ぶべきか。極めて高次元の完成度を備えた最新モデルを、英国編集部が冬の一般道で評価しました。

もくじ

ドライバー・フレンドリーな運転環境
喜びと驚きで満たしてくれるローマ
スポーツカーであり、グランドツアラー
フェラーリ・ローマ(英国仕様)のスペック

ドライバー・フレンドリーな運転環境

text:Andrew Frankel(アンドリュー・フランケル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
フェラーリ・ローマには、実用的なリアシートが付いてくる。2+2のスポーツカーを、これまでフェラーリが作らなかったわけではない。過去に1度だけ、ベルトーネ・デザインの308 GT4が1974年に発売された。それ以来、久しく作られていない。

モンディアルはずっと柔らかいクルマで、カタチもずんぐり。それ以降の2+2は、456から612スカリエッティ、FF、GTC4ルッソまで、V型12気筒を搭載したビッグ・クーペのグランドツアラーだった。ひと回り小さいローマは、新しい一手となるだろうか。

フェラーリ・ローマ(英国仕様)
フェラーリ・ローマ(英国仕様)

運転環境は、かなりドライバー・フレンドリー。メーターパネル周りは、ハイブリッド・スーパーカーのSF90ストラダーレと共通だと思われる。むしろ、ローマの方がしっくり来るように見える。

写真をご覧いただきたい。とても見事な仕上がりで、フェラーリらしさもちゃんとある。

F8トリブートのメーターパネルは、かなりシンプルなデザインだ。裏に隠れる構造は、458イタリアを起源とする。その理由で、操作はやや複雑に感じた。だが、ローマはその真逆といっていい。

モニターの表示は少し複雑に思えるものの、極めて高精細。操作はとても直感的に行なえ、わかりやすい。この流れでタッチモニターの反応がアイパッドのように正確になれば、エキゾチック・モデルとしては新しい次元に届いたと思えるだろう。

技術者から説明を聞いたが、試乗車のタッチモニターの反応はまだ不十分な様子。フェラーリは、改良を重ねているという。

喜びと驚きで満たしてくれるローマ

12月のイングランド南部は、暗く霧雨が降っていたが、フェラーリ・ローマでゆったり道を流すだけで、とても豊かな気持ちになれる。流麗なスタイリングと穏やかな振る舞い、伝統あるブランドだというすべてが、人生を豊かにしてくれる。

しかし、それだけではミスリード。ローマはそれ以上のことを与えてくれる。外に出たくないほど寒い午前3時に、目覚ましアラームを設定したいと思わせてくれる。

フェラーリ・ローマ(英国仕様)
フェラーリ・ローマ(英国仕様)

マネッティーノのチョイスは、悩む必要なし。スポーツ・モードはサーキットでは不満足でも、一般道を熱く走りたいドライバーには丁度いい。たとえ多少濡れていても。

トラクションがウェットでは足りていないという事実は、とても残念。しかし、タイヤには敏感なようで、ミシュラン・パイロットスポーツ4Sの方が、ピレリ・Pゼロよりはるかに優れた挙動を示していた。

いずれにせよ、アクセルペダルさえ丁寧に扱えば、ローマは喜びと驚きで満たしてくれる。まず、ボディが実際よりコンパクトに感じられることに驚かされる。

全幅は1974mmだから、確かに大きい。でもコンパクトであるかのように、狭い道を完璧にトレースできる。F8トリブートの良くない特性の1つ、ステアリング切り始めの超が付くほどアグレッシブな反応が、一歩穏やかになっていることにも驚いた。

動的性能にも感心しきり。フェラーリ基準でいえば、特にパワフルでもないし、ライバルと比べれば特に軽量なわけでもない。しかし、これ以上誰が不満を感じるのかと疑問を覚えるほど、鋭く加速する。

関連テーマ