【新モデルの登場はいつ?】英国版2021年新車カレンダー 勢いを取り戻せ 10~12月

公開 : 2021.01.25 06:25  更新 : 2021.01.25 09:40

プジョー308

プジョーはここ数年、3008と5008が頼もしい成功を収めてきたが、308は今もなお、欧州をはじめとする幅広い市場に欠かせない中核モデルであることに変わりはない。現行モデルは世代交代の時期を迎えており、新型車の発表は2021年の第1四半期に行われる予定だ。しかし、発売されるのは秋になってから。

大幅なモデルチェンジが期待されており、新時代のプジョーブランドのデザインとなるだろう。プラットフォームは現行モデルのアップグレード版となるが、新技術の導入も期待したい。このプラットフォームでは、初のプラグインが可能になる。前輪駆動の標準モデルも用意されるが、プジョーのPSE部門は300psを超える4輪駆動のPHEVバージョンを開発中だ。

ポルシェ・マカン

ポルシェの入門SUVマカンは、次世代の完全EVが2022年に登場する前に大幅にアップグレードされることになっている。しかし、フィアットの500と同じように、当面の間は、EVと一緒に販売されることになるだろう。改良では、ダイナミクスとスタイリングの変更が期待できる。

ポルシェ・マカン
ポルシェ・マカン

11月

11月は15台が発売される。

アルファ・ロメオジュリア

総合的なアップデートにより、ジュリアはBMW 3シリーズやメルセデスCクラスに並ぶ存在となる。

アルファ・ロメオ・ジュリア
アルファ・ロメオ・ジュリア

アルファ・ロメオ・トナーレ

近年、ドイツのライバル企業はSUVで市場を席巻しているが、アルファ・ロメオには1台しかない。それが今年、BMW X1に対抗するトナーレの登場で変わる。既存のステルヴィオよりコンパクトだが、トナーレへの期待は大きく、すぐにブランド最大の販売台数を誇るモデルになると予想されている。イタリアンスタイルと新技術(PHEVバージョンを含む)を融合させることができれば、ライバルとの差別化を図ることができるだろう。

アルファ・ロメオ・トナーレ
アルファ・ロメオ・トナーレ

アウディRS3

メルセデスAMG A 45が守る4輪駆動ホットハッチの頂点の座は、もう長くはもたないだろう。第3世代のアウディRS3が年末に登場するが、ファンはRS Q3の2.5L 5気筒ターボエンジンが搭載されると聞いて喜んでいるだろう。パワーは400ps以上に向上し、0-100km/h加速は4秒を切ると思われる。外見はアグレッシブなスタイリングで、インテリアも一新されることが予想される。セダンバージョンも用意されている。

アウディRS3
アウディRS3

BMW 4シリーズ・グランクーペ

物議を醸したノーズはそのままに、実用性を高めるためにリアドアを2枚追加した4シリーズ・グランクーペは2021年末に発売される。嬉しいことに、M4も初めて用意される。米国と中国でのグランクーペの人気がこの決定を後押ししたのだ。2つの超大国のおかげで、英国人にとっても朗報だ。

BMW 4シリーズ・グランクーペ
BMW 4シリーズ・グランクーペ

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像