【詳細データテスト】ロールス・ロイス・ゴースト なめらかな駆動系 快いハンドリング 極上の静粛性

公開 : 2021.01.23 20:25

内装 ★★★★★★★★★★

ゴーストに乗り込むまでのプロセスは、いかにもロールス・ロイスらしく、芝居がかったところもある。

重厚なステンレスのドアハンドルは、ひんやりとした手触りだ。そしてドアは、優しく開くには重く感じられる。低いシルをまたぐと、そこには分厚いウールのカーペットが敷きつめられている。

操作系は、どこも苦がなく手が届くレイアウト。スイッチ類は上質で精巧な加工がされているだけでなく、作りがしっかりしている。
操作系は、どこも苦がなく手が届くレイアウト。スイッチ類は上質で精巧な加工がされているだけでなく、作りがしっかりしている。    LUC LACEY

高く配置された豪奢なレザーシートへは、苦もなく身体を滑り込ませることができる。後席へは、後ヒンジのドアから乗り込むが、それを閉めるのはCピラー部かセンターコンソールのスイッチで、自動で行える。ドアを閉めてしまえば、とても4つのタイヤに支えられた乗り物の室内とは思えない、美しい仕立てとラグジュアリーさに満ちた空間に包まれる。

運転席からみたゴーストのキャビンは、広大なスペースに感じられる。頭上も肩周りも広々としていて、テスト車は爽快さのある白い内装が、開放感をさらに高めている。

アップライトなドライビングポジションはとびきり快適で、高い着座位置により、長大なボンネット越しでも見晴らしがいい。操作系は、差し障りなく手が届くようレイアウトされている。それらを操作すると気づくのは、スイッチもレバーも各部の表面処理も、コストを掛けて精巧に作られているだけでなく、安心感のある頑丈さも備えていることだ。

後席は、2座仕様と、3座仕様を設定。テスト車は3座版で、左右に独立調整式のイマーシブシートを備え、中央のアームレストをたためば3人掛けができる仕様だ。このほか、広々としたラウンジシートも設定されている。

テスト車のアームレストは、インフォテインメント系の操作パネルも兼ねている。その背後のバルクヘッド部には、ラゲッジスペースを多少犠牲にすれば、シャンパン用冷蔵庫が設置できる。また、2座版の固定式センターコンソールには冷蔵庫がビルトインされ、ウイスキーのデキャンターとフルートグラス2脚が収納できる。

ゴーストの大きなサイズにもかかわらず、後席スペースの実測値はカリナンに及ばなかった。とはいえ、900mmのレッグルームと970mmのヘッドルームは、かなり背の高い乗員でも不足はないだろうスペースがあり、なんといってもベントレーフライングスパーより広い。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×