【21歳のF1ドライバー】ランド・ノリス 若き才能、マクラーレン成功の鍵を握る

公開 : 2021.02.14 10:25

21歳のランド・ノリスは、ルーキーでありながらマクラーレンの将来を担う才能豊かなF1ドライバーです。

もくじ

目標は、チームの中心人物になること
水面下で競い合うチームメイト
偉大なるハミルトンの足跡をたどれ
おふざけはほどほどに

目標は、チームの中心人物になること

text:AUTOCAR UK編集部
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

マクラーレンはモータースポーツ界の眠れる巨人の1つだが、最近は波紋を呼んでいる。F1では8シーズンで無敗を記録したものの、2020年には第3位のチームとなっており、再び勝利を手にするには、ランド・ノリスが欠かせない存在となる可能性は十分にあるだろう。

若い英国人ドライバーがマクラーレンで成功する?F1デビューした頃のルイス・ハミルトンを彷彿とさせる物語だ。

ランド・ノリス
ランド・ノリス

サマセット出身、21歳のランド・ノリスはすでにマクラーレンの要となっている。わずか2回のF1参戦で表彰台に上がり、安定したポイントを獲得し、フェラーリ行きが確定しているチームメイトであるカルロス・サインツとともに好成績を収めている。

今年、ノリスにはマクラーレンの中心人物としての地位を確立するチャンスがある。しかし、サインツの後任には、F1で7度のグランプリ優勝経験を持ち、F1屈指の実力を誇るダニエル・リカルドが名を連ねている。

「チームの中心人物になること、それが今後数年間の目標だよ」とノリスは言う。

「ダニエルがチームにもたらしてくれるものがあると思う。彼はさまざまなチームで経験を積んできたし、レースでも優勝しているし、表彰台も(僕よりも)たくさん獲得している」

「でも、僕が知っていることやリードできることはたくさんあるし、ダニエルにはできないこともある。それはトラック上のことだけではなくて、チームのメンタリティや、メカニックやエンジニア、チーム内でのカリスマ性やキャラクターなど、精神的な観点からチームに影響を与えることだ」

「マクラーレンとはとても相性がいいと思う。彼らと一緒にいて、これまでの苦戦から抜け出し、改善の一翼を担い、次の数年で次のステップに進むことが絶対的な目標だよ」

ノリスはリカルドに対抗する武器には事欠かない。彼は間違いなく速いし、それはレーシングドライバーの武器として最も重要な要素だ。実際、この2年間ではサインツを上回っている。外的要因の影響を除いた場合、ノリスは平均で100分の4秒ちょっと遅いが、端数がすべてのF1でも、これは大きな差ではない。

特に印象的なのは、トリッキーなマシンを操る能力だ。2017年初頭にジュニアとして契約しマクラーレンのレースシートを獲得した彼は、2018年に行われた7回のフリー走行でその腕前を見せつけた。フェルナンド・アロンソの超人的な才能を必要とするマシンから、ペースを引き出すことができることを示したのだ。スパ・フランコルシャンでの最初の出走をレ・コンブから見ていても、ストフェル・バントーンの苦戦との違いは無視できないものだった。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事