【621psのツインターボV8】アルピナXB7へ試乗 雰囲気はSUV最高峰 感動の操縦性

公開 : 2021.03.23 08:25

BMW X7 M50iをベースにアルピナ流に仕立てられたXB7。際立つ見た目と確かなパフォーマンスを得ていますが、気になる部分もいつくか。英国編集部が評価しました。

もくじ

X7 M50iから91psと5.1kg-mを増強
車内の特別感は薄いものの極めて快適
獰猛なほど鋭い加速 目立つロードノイズ
コーナーの連続する道では思わず感動
小さくない価格差をどう捉えるか
アルピナXB7(英国仕様)のスペック

X7 M50iから91psと5.1kg-mを増強

text:Simon Davis(サイモン・デイビス)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
BMW X7 M50iのような巨大なSUVに、抵抗感をお持ちの読者もいるだろう。過度に目立つし、燃費も伸びない。それでは、アルピナXB7ならどうだろう。ボディは変わらず大きいが。

標準のX7ですら存在感に不足はないのに、アルピナ版には専用ボディキットとトレードマークのピンストライプがあしらわれ、テールでは4本出しのマフラーが凄みを効かせている。

アルピナXB7(英国仕様)
アルピナXB7(英国仕様)

試乗車は、オプションの23インチ・アルミホイールも履いていた。アルピナでは最大径だという。ラグジュアリーSUVの最高峰と呼びたくなる雰囲気を漂わせている。ロールス・ロイス・カリナンには及ばないかもしれない。でも、的外れでもないだろう。

もちろん見た目だけでなく、メカニズムもアルピナ流に仕立ててある。ベースはX7 M50iだが、BMW製の4.4L V8エンジンにはさらに大きなターボが2基組まれ、冷却系も全面的に手が入っている。

ステンレス製のスポーツエグゾーストは、アルピナ独自のもの。その結果得られた最高出力と最大トルクは、621psと81.4kg-m。標準のX7 M50iから、91psと5.1kg-mも増強されている。

トランスミッションは8速ATだが、アルピナとZF社の共同で開発された専用品。621psのエンジンへ対応できるように改良を受けている。また四輪駆動システムのxドライブも調整されたという。

試乗したXB7には、オプションの巨大なドリルド・ベンチレーテッドディスクも装備されていた。車重は2.6tもあるが、0-100km/h加速4.2秒という加速力を活かすには減速力も重要だ。

車内の特別感は薄いものの極めて快適

大きなドアを開き車内を眺める。アルピナのロゴが各所に配されているものの少し実務的で、全体の雰囲気はX7 M50iと大きな違いはない。

ベントレー・ベンテイガやランドローバー・レンジローバーの車内はとても特別な空間で、過ごす時間が豊かなものになる。XB7のインテリアは、そんな特別感が少し薄いように感じた。

アルピナXB7(英国仕様)
アルピナXB7(英国仕様)

といっても、装備や仕立ては充分以上。組み立て品質や素材の質感は非常に高いく、極めて快適。シートは柔らかいのにサポート性にも優れ、X7でも選べる触り心地の良いメリノレザーで仕立てられている。

試乗車は英国価格4995ポンド(75万円)のオプションとなるフルレザー・パッケージが備わり、車内全体がリッチなレザー張りになっていた。天井は紺色のアルカンターラが張られ、ステアリングホイールはアルピナのラヴァリナ・レザー巻きだ。

さらに追加の1万1050ポンド(165万円)を用意すれば、車内全体をラヴァリナ・レザーで仕上げることも可能だという。お望みなら。

定員は、X7と同様に6シーターか7シーターかを指定できる。巨大なボディだけに、3列目シートも子ども用の非常席というわけではない。とても快適に、大人2名が過ごすことができるだろう。

その状態で、326Lの荷室容量が残される。3列目シートを畳めば、750Lへと広がる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事