【300CEハンマーの精神的後継】メルセデスAMG GT 73e 年内発売予定 ブランド初のPHEVへ

公開 : 2021.03.23 06:25

メルセデスAMGは新型GT 73eを年内に発売予定。専用システムを採用する800ps以上のPHEVです。

もくじ

4ドアスポーツカーの頂点
AMG専用のプラグイン・ハイブリッド
ライバルを圧倒するパワー
初代メルセデスAMG 300SEハンマー

4ドアスポーツカーの頂点

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

新型メルセデスAMG GT 73e 4マチック+ EQパワー+ 4ドアクーペは、「800ps以上」の出力を持ち、4ドアスポーツカーの頂点に立つことを目指して、今年ショールームに登場する。

このハイパフォーマンスセダンは、メルセデスAMGの新型プラグイン・ハイブリッド車シリーズの最初のモデルとなり、社内で「P3」と呼ばれるプラグイン・ハイブリッドシステムを搭載する。ポルシェ・パナメーラ・ターボS Eハイブリッドと競合し、価格も現行のGT 63より高価な15万ポンド(2263万円)以上になると思われる。

メルセデスAMG GT 73eのプロトタイプ
メルセデスAMG GT 73eのプロトタイプ    AUTOCAR

GT 73eは、AMGの新たな電動化時代の幕開けを意味するだけでなく、AMGのデビューモデルである奇抜なスーパーサルーン「300CEハンマー」の精神的な後継モデルとしての役割も果たすことになる。

新しいプラグイン・ハイブリッドシステム「P3」は、リアアクスルに搭載された電気モーターにより、GT 63のツインターボを小改良した4.0L V8エンジンと完全可変4輪駆動システムの性能を「大幅」に向上させているという。

同システムは、GT 73eに加えて、最新のSクラスと次期SLの73モデルにも採用される予定だ。大排気量のV8エンジンではなく、2.0L 4気筒ターボエンジンと組み合わせて使用されることになっている。

AMG専用のプラグイン・ハイブリッド

P3は当初、メルセデスAMGのモデル専用となる。親会社であるメルセデス・ベンツの既存のPHEVはすべて、電気モーターをトランスミッションのハウジング内に配置した「P2」システムを採用している。

P3では、P2よりも電気モーターを大型化することができ、EVモードでは後輪を直接駆動し、ハイブリッドモードではトルクベクタリングを強化する。さらに、電気モーターのトルクがトランスミッションの制限を受けないことを意味していいる。

メルセデスAMG GT 73のプロトタイプ
メルセデスAMG GT 73のプロトタイプ

また、フロントとリアの重量配分が改善され、トランスミッションによる機械的損失がないため、エネルギー回収の効率が大幅に向上する。ブレーキングやトレーリング・スロットルの際に得られる運動エネルギーは、そのままバッテリーに蓄積される。

AMGの関係者がAUTOCARに明かしたところによると、GT 73eの電気モーターは最高出力204ps、37kg-mのトルクを発揮するとのこと。また、メルセデス・ベンツの電気自動車EQCおよびEQVに搭載されているZF社製の非同期式電気モーター「M0」と主要部品を共有しているという。

このモーターは、GT 73e で648psと91.6kg-mのトルクを持つガソリンエンジンと組み合わされ、公道向けの4ドアAMGモデルとしては「これまでに到達したことのないレベルのパワーとトルク」を実現するとされている。

関連テーマ

人気テーマ