【伸びるテーブル】プジョーで車中泊 技ありアイテムが光る、ポップアップルーフ仕様

公開 : 2021.05.10 06:45  更新 : 2021.10.11 10:56

プジョーで車内泊できる、話題のキャンパー。マットレスが敷けるだけではありません。スライドアウト式キッチンなど、細部まで作り込まれていました。

リフターが、キャンピングカー

photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)

ポップアップルーフで過ごす休日。車中泊はフラットベッドで。できれば、ディーゼルの走りを楽しめる輸入車がいい。

そんな希望を1台でかなえるキャンピングカーが登場した。

ホワイトハウス・リフター・キャンパー・シエルのボディサイズは、全長×全幅×全高(ポップアップ含む)が4405×1850×1990mm。ベース車は、1.5Lディーゼルと8速ATを組み合わせたプジョー・リフターだ。(ジャパンキャンピングカーショー2021)
ホワイトハウス・リフター・キャンパー・シエルのボディサイズは、全長×全幅×全高(ポップアップ含む)が4405×1850×1990mm。ベース車は、1.5Lディーゼルと8速ATを組み合わせたプジョー・リフターだ。(ジャパンキャンピングカーショー2021)    上野和秀

プジョーのMPV「リフター・アリュール」をベースに、ホワイトハウス社が開発した「リフター・キャンパー・シエル」である。

過去にルノーカングーのキャンピング仕様も手掛けていた同社が、「カングーよりひとまわり大きいボディサイズで、やはり両側スライドドアを備え、シート・アレンジを活かした広大な荷室が特徴」と紹介する力作だ。

本モデルには、標準ルーフ/ポップアップルーフという2種類のボディタイプが用意されている。

ジャパンキャンピングカーショー2021で撮影できたのは、「シエル(フランス語で空)」というモデル名がふさわしいポップアップルーフ仕様に、エアヒーターがついたパッケージである。

就寝定員4名 その車内/ベッドは?

ポップアップルーフは、リア側が空へ向かって高く開くタイプ。

その中は、後端部で上下に1mほどの高さがある。ベッドは、1100×1900mmサイズのものが付属するから、2名まで横になって過ごすことができるだろう。

2列目シートのシートバックを倒し、荷室との段差を埋めるボードを引き出した状態。フラットベッドを敷いた様子も撮影することができた。(ジャパンキャンピングカーショー2021)
2列目シートのシートバックを倒し、荷室との段差を埋めるボードを引き出した状態。フラットベッドを敷いた様子も撮影することができた。(ジャパンキャンピングカーショー2021)    上野和秀

ルーフテントはウェットスーツ生地のほかに、オプションで防水のキャンバス生地、さらに青/橙の防水カラーキャンバス生地を用意した。

車室内に降りてみると、そこにはベース車と変わらない5人のためのシートが配置されている。デイリーユースも問題ないというわけだ。

キャンプシーンのためのフラットなスペースは、簡単に作ることができる。手順は、2列目シートのシートバックを前方に倒し、荷室との段差を埋めるボードを引き出すだけ。

荷室に折り畳まれているマットレスを展開すれば、1170×1800mmの寝床が誕生する。就寝定員は、ポップアップルーフと合わせて4名となっている。

逸品 スライドアウト式キッチン

全ての窓には、車中泊の際に外光・車外からの視線を遮るプライバシーシェードを用意。それも、リフター・キャンパー・シエル専用品なので、窓をぴったりと覆うことができる。

また、ベッドの下には、スライドアウト式のギャレー(OP)&引き出しが備わる。

スライドアウト式のギャレーは、オプションとなる。写真後方のもう1台のように、ペットボトルを逆さに固定し、蛇口のように使えるアタッチメントが用意されている。
スライドアウト式のギャレーは、オプションとなる。写真後方のもう1台のように、ペットボトルを逆さに固定し、蛇口のように使えるアタッチメントが用意されている。    上野和秀

バックドアを開いた状態で、外に向かってギャレーを引き出し、テーブルを展開すれば立派なキッチン&シンクに。

ペットボトルを逆さに固定できる蛇口機能付きのアタッチメントが備わるので、手軽にウォーターラインを確保できる。

ウインターシーズンの暖房については、微量の軽油を燃焼させてサブバッテリーを電源に作動する「エアヒーター」が、本仕様(ホットパッケージ)には装備。エンジンを停止したまま、車内を温めることも可能だ。

ホワイトハウス・リフター・キャンパー・シエルの価格は、下記のとおりとなっている。

標準ルーフ+エアヒーター:389万7500円
ポップアップルーフ:426万6000円
ポップアップルーフ+エアヒーター:471万3500円

記事に関わった人々

  • 上野和秀

    Kazuhide Ueno

    1955年生まれ。気が付けば干支6ラップ目に突入。ネコ・パブリッシングでスクーデリア編集長を務め、のちにカー・マガジン編集委員を担当。現在はフリーランスのモーター・ジャーナリスト/エディター。1950〜60年代のクラシック・フェラーリとアバルトが得意。個人的にもアバルトを常にガレージに収め、現在はフィアット・アバルトOT1300/124で遊んでいる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

プジョーの人気画像