【ドライバーを固める】マクラーレンF1チーム ランド・ノリスと契約延長 2022年移行も継続

公開 : 2021.05.19 20:25

若きF1ドライバー、ランド・ノリスがチームとの契約を延長。リカルドのパートナーとして活躍を続けます。

もくじ

エキサイティングなラインナップ
「マクラーレンで夢を実現したい」

エキサイティングなラインナップ

text:Piers Ward(ピアーズ・ワード)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

マクラーレンF1チームは、ランド・ノリスの契約を複数年に渡って延長することを発表した。

正確な契約期間は明らかにされていないが、今回の発表では、ノリスがダニエル・リカルドのパートナーとして「2022年以降」も活躍することを意味すると述べられている。

英国出身のランド・ノリスは現在21歳
英国出身のランド・ノリスは現在21歳

マクラーレンF1のチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、次のようにコメントしている。

「ランドとダニエルには非常に才能があり、エキサイティングなドライバー・ラインナップが揃っています。今回の発表は、2022年以降のマクラーレンの次の章へのコミットメントを示すものです」

ルイス・ハミルトンが、圧倒的な強さを誇るメルセデスAMGチームと1年契約を結んでいるシーズンにあって、これはマクラーレンにドライバーの確実性を与えることになる。

「マクラーレンで夢を実現したい」

このニュースを受けて、ノリスは次のように述べている。

「僕の目標はレースに勝ち、F1ワールドチャンピオンになること。それをこのチームで実現したいと思っています」

現時点でのマクラーレンのランキングは、メルセデスとレッドブルに続く第3位
現時点でのマクラーレンのランキングは、メルセデスとレッドブルに続く第3位

「2017年に参加して以来、僕たちの進歩は一貫していて、将来に向けた明確な野望を共有しています」

ノリスは2017年からチームに参加しており、当初はテスト兼シミュレータードライバーとして活動し、2018年にはテスト兼リザーブドライバーに昇格した。2019年には、カルロス・サインツJr.とともにフルタイムのレースシートを獲得し、それ以来、ポイント獲得の常連として表彰台に2回上がるなど、印象的な成績を残している。最初のシーズンでは、チャンピオンシップで11位を獲得した。

ノリスの2021年シーズンは、これまでで最高のものであり、好調なスタートを切ってドライバーランキング4位となった。イモラでの表彰台獲得により、マクラーレンのコンストラクターズ・チャンピオンシップでの3位獲得に貢献した。

また、ソーシャルメディアでのノリスの存在感は、マクラーレンにとっても重要だ。以前のチームメイトであるサインツとの親密な関係は人々の注目を集め、2021年のリカルドとの関係もチームにプラスの影響を与えている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事