次期スマート・フォーフォーをキャッチ

公開 : 2014.02.25 20:20  更新 : 2017.06.01 02:14

今年後半にデビューが予定されているスマート・フォーフォーのテスト風景を捕えた。このフォーフォーはフォーツーと共に、ルノー・トゥインゴと共同で開発されたモデルである。その生産は、スロベニアにあるルノーのノボメスト工場で行われる予定だ。

トゥインゴ同様、リア・エンジン、リア・ドライブで、そのコンセプトは昨年のフランクフルト・モーターショーで展示されたフォージョイ・コンセプトから引き継いでいる。しかし、このフォージョイは、55kWhのリチウム・イオン・バッテリーで駆動するモーターを備えていた。

フォーフォーは通常の1.0ℓ3気筒エンジンを搭載することになりそうだ。ノーマルアスピレーションの70bhp、あるいはターボチャージャー付きの85bhpというラインナップで、6速マニュアルが標準、7速デュアルクラッチがオプションとして用意される。

新しいフォーフォーとフォーツーは10月のパリ・モーターショーでワールド・プレミアを果す予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事