ランクル300 世界初公開 内装/外装/詳細/スペック/サイズを紹介【14年ぶり全面刷新】

公開 : 2021.06.10 02:30  更新 : 2021.07.02 13:38

新型トヨタ・ランドクルーザー(300系)が世界初公開されました。歴史を象徴するモデルは着実に進化しています。

公表されたスペック

ガソリン車

排気量:3.5L
パワートレイン:V型6気筒ツインターボ
トランスミッション:10速オートマティック
最高出力:415ps
最大トルク:66.3kg-m

ディーゼル車

排気量:3.3L
パワートレイン:V型6気筒ツインターボ
トランスミッション:10速オートマティック
最高出力:309ps
最大トルク:71.4kg-m

トヨタ・ランドクルーザー
トヨタランドクルーザー    トヨタ

なお、一部地域にV型6気筒自然吸気ガソリンエンジン(6速オートマティック)あり。

トヨタの歴史の象徴 新型へ

トヨタは、新型ランドクルーザーを本日世界初公開した。

今回フルモデルチェンジした新型ランドクルーザー(300系)は、2007年に登場した200系の後継となる。

トヨタ・ランドクルーザー
トヨタ・ランドクルーザー    トヨタ

ランドクルーザーは1951年8月、トヨタBJ型として誕生。自動車として初めて富士山6合目までの登山に成功するなど、厳しい環境で高い走破性を発揮し、その実績も踏まえ、全国各地でパトロールカーとして採用された。

「お客さまをはじめ、このクルマに関わるさまざまな人々に安全と安心をお届けすることが目標」というモビリティカンパニーの礎ともいえる伝統がスタートした。

以降、累計約1040万台、年間30万台以上のランドクルーザーが、世界170の国と地域を駆け抜けてきた。

ランドクルーザーが守り続けている本質が「信頼性、耐久性、悪路走破性」とトヨタはいう。

「どこでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」というランドクルーザーへの信頼にこたえるため、世界中のユーザーの使用実態に基づき、開発、評価の基準をより厳しいものとしたうえで、ランドクルーザーを鍛え、進化させてきたという。

ランドクルーザーの開発の狙いは、本質である「信頼性、耐久性、悪路走破性」は進化させつつ継承すること、および世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りを実現することの2つという。

これらを念頭に、ランドクルーザーの本質を守る礎であるフレーム構造は踏襲しながらも、TNGAに基づく新GA-Fプラットフォームを採用。

さらに、軽量化・重量化、新パワートレーンの採用、内外装のデザインを含め、長年にわたる技術とトヨタの最新技術を融合させたという。

従来のV8超えるパワートレイン

新型は、フレーム自体を新設計、軽量/高剛性化。

フレーム、車体を含めた車両全体の軽量化(-200kg)、低重心化、重量配分やサスペンション構造の改善などを実施。

トヨタ・ランドクルーザー
トヨタ・ランドクルーザー    トヨタ

社内のテストドライバーやダカールラリー出場ドライバーをはじめとする評価メンバーの実路走行でのつくりこみを通じて、疲れにくいクルマを目指した。

また、新開発のV6ツインターボエンジン(3.5Lガソリン、3.3Lディーゼル)を採用し、従来型のV8エンジンを超える動力性能とドライバビリティの実現を図った。

環境性能においても、新開発のダイレクト・シフト-10AT(10速オートマティック・トランスミッション)の採用、軽量化とも相まり、従来型との比較で、車両使用時の年間CO2排出量を、グローバル全台数分で約10%低減できる見込みという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

トヨタ ランドクルーザーの人気画像