【ミドシップのV6エンジン搭載】フェラーリ 最新ハイブリッドカー「F171」開発中 2022年発売か

公開 : 2021.06.10 06:05

フェラーリが開発中のハイブリッドカーは、3.0L V6にモーターを組み合わせた後輪駆動モデルとなります。

もくじ

ディーノ以来のV6エンジン車
ますます進むフェラーリ電動化

ディーノ以来のV6エンジン車

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

2022年の発売に向けてプロトタイプのテストが行われているフェラーリの次期ミドシップ・ハイブリッド・スーパーカーは、ディーノ以来のV6エンジンを搭載したモデルとなる予定だ。

SF90ストラダーレに続くこのハイブリッドマシンは、「F171」という内部コードネームで開発が進められている。

テスト走行中のプロトタイプ
テスト走行中のプロトタイプ

これまでのところ、フェラーリはこのクルマの開発について口を閉ざしているが、ツインターボの3.0L V6エンジンを搭載し、これに1基の電気モーターを組み合わせることがわかっている。

前輪にモーターを搭載して4輪駆動を実現したSF90とは異なり、本モデルは後輪駆動となる。また、プラグイン・ハイブリッド車ではないものの、限定的に電気のみでの走行が可能だ。

このエンジンは、まもなく登場予定のSUVプロサングエに搭載される可能性もある。

ますます進むフェラーリ電動化

初期のプロトタイプは、ラ・フェラーリのシャシーを大幅に改良したものを使用していたが、最新のプロトタイプでは、リアのエグゾーストパイプ(フェイク)をはじめ、ボディに改造が施されている。

このクルマは、V6ベースのハイブリッド・パワートレインを搭載した新型マクラーレン・アルトゥーラなどに対抗するものだ。

テスト走行中のプロトタイプ
テスト走行中のプロトタイプ

SUVのプロサングエとともに、フェラーリのラインナップを拡大する役割を担うと同時に、電動化計画を推進していくことになるだろう。

今年初め、フェラーリは、初の完全EV(ツインモーターを搭載した全輪駆動の2シーターと思われる)を2025年に発売することを発表した。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事