【6.5L NA V12から830ps】ランボルギーニ・エッセンツァSCV12へ試乗 40台限定

公開 : 2021.07.14 08:25

ランボ製NA V12エンジンのフィナーレを飾る、サーキット専用のエッセンツァSCV12。ウラカンGT3を上回る高性能モデルを、英国編集部が評価しました。

最後の自然吸気V型12気筒のランボ

text:Mike Duff(マイク・ダフ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ランボルギーニの創業以来、象徴となってきた自然吸気V型12気筒エンジン。アヴェンタドールの後継モデルにもV型12気筒が載ることはアナウンスされているものの、ハイブリッド化されることは間違いないようだ。

今回ご紹介するエッセンツァSCV12は、純粋なNA V12エンジンを搭載する、最後のランボルギーニとなる見込み。それを記念すべく、過去最もパワフルに仕立ててある。V12が、そっと幕を閉じることはなかった。

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12
ランボルギーニ・エッセンツァSCV12

AUTOCARの読者ならご存知かもしれないが、エッセンツァSCV12はサーキット専用モデル。目もくらむような、190万ポンド(2億9260万円)という英国価格が付いている。

ロールゲージを追加することなく、FIAが定めるハイパーカーレース・クラスの安全基準を達成する、カーボンファイバー製のタブシャシーを備えている。単なるアヴェンタドールの焼き直しと、勘違いしないで欲しい。

エンジンの搭載位置も、アヴェンタドールよりフロント側へ少し移動。エクストラック社製となる、6速シーケンシャル・トランスミッションが組み合わされ、後輪を駆動する。トランスミッションは、剛性を受け持つ構造だという。

最高出力は触媒なしで830ps。最大トルクは77.2kg-mを発生する。ランボルギーニによれば、最も軽量な仕様での乾燥重量は1470kgとのこと。エンジンオイルなどが注がれず、オプションのエアコンも付いていない時の重さだ。

ウラカン・スーパートロフェオに近い体験

サーキット専用とはいえ、エッセンツァはレーシングマシンではない。しかし、ドライビング体験はかなり近い。

今回の試乗ではイタリアのヴァッレルンガ・サーキットを、先にワンメイク・チャンピオンシップ仕様のウラカン・スーパートロフェオ・エボ2で走らせてくれた。実際にその印象と比べているから、間違いない。しかも少し速い。

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12
ランボルギーニ・エッセンツァSCV12

内蔵のエアジャッキで浮かされ、メカニックが忙しそうに仕事をしている横で、エッセンツァSCV12に乗り込む。ランボルギーニは、オーナーがサーキットを走らせる場合、3・4名のメカニックが同行する必要があると考えているようだ。

コクピットの仕上げは、レースカーのものより遥かに美しい。ロールケージがないから、空間も広々としている。シートに身体が固定された状態での前方視界は、巨大なフロントピラーによって切り取られている。

リアカメラも搭載されるらしい。だが、プロトタイプの試乗車では機能していなかった。ウイングを最もダウンフォースが生まれる設定にすると、249km/hで最大1200kgの力を生じるという。

主要な操作系は、レーシングマシンそのものといった形状の、ステアリングホイールに統合されている。中央にモニターがレイアウトされ、情報が映し出される。

ロータリースイッチで、パワーステアリングのアシスト量からディファレンシャルのプリロード量まで、各機能の調整が可能。ウラカン・スーパートロフェオと同様に、ABSとトラクション・コントロールの効き具合も変更できる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事