キア・ソウル 1.6CRDi コネクト・プラス

公開 : 2014.04.09 22:40  更新 : 2021.03.05 21:37

■どんなクルマ?

キアスマートなクロスオーバー、ソウルの第2世代だ。この新しいソウルは、先代よりも長く、広く、そして低いボディを持つ。これはより若いユーザーをターゲットとした結果だという。

英国でラインナップされるのは、スタート、コネクト、コネクト・プラスの3トリム。夏までには、ミックスとマックスという2つのトリムも追加される予定だ。エンジンは、1.6ℓディーゼルと1.6ℓガソリンの2本立てである。

今回試乗したのは1.6ℓのターボ・ディーゼルで、トリムはミッドレンジにあたるコネクト・プラスだ。128ps、26.5kg-mのエンジンは、0-100km/h加速10.8秒、最高速度180km/hというパフォーマンスをマークする。これはクラス平均といったところだろうか。キアはパフォーマンスを上げるよりも、使いやすさと経済性を重視したようだ。

ブート・スペースは354ℓ。リア・シートを折りたたむと1367ℓとなる。ヴォグゾール・モッカが362ℓ/1372ℓという数値だから、これもこのサイズのクロスオーバーとしては遜色ない値だ。

コネクト・プラスは、アップグレードされたサウンド・システムとナビゲーション、17インチ・アロイホイール、クルーズ・コントロール、ブルートゥース接続、そしてバック・カメラが標準で装備される。

キアは新しいソウルが決して大きいセールスを英国で記録するとは思っていないようだ。日産ジュークスコダ・イエティ、ヴォグゾール・モッカといったライバルがひしめき合う市場なので、年間5,000台というのがその販売目標だ。

■どんな感じ?

ソウルのキャビンは広大だ。しかし、背が高い乗客にとってはリアのスペースには不満が上がるだろう。インテリアは、ステアリング・ホイールやシートにステッチが施されたもの。照明は夜になると印象的な雰囲気を醸し出す。

CRDiディーゼルは概ね充分なパフォーマンスを持っている。とりわけ、低い回転数から太いトルクを発生する。ステアリングは精密であるが、フィードバックはほとんどないに等しい。フレックス・ステアのボタンを押せば、少し重くなるというものだ。

乗り心地は、ガソリン、ディーゼル共に変化はない。硬めのセッティングだが、ヨークシャーの凹凸のある路面でも、落ち着きを維持することは難しいことではなかった。

キアはこのソウルが、都市部でも16.4km/ℓ、総合で20.0km/ℓの燃費をマークするという。しかし、われわれのテストでは、13.0km/ℓしかマークすることができなかったのは何故だろうか。

■「買い」か?

ソウルはスタイリングを重視するユーザー向けの1台だ。確かに、ライバルよりも派手な出で立ちが特徴だ。また、コネクト・プラスでは充実した装備もセールス・ポイントである。気になったことといえば、サイドミラーからの風切音が高速でうるさかったことだ。

それはともあれ、小さなクロスオーバーを望むのであれば、ショッピング・リストの上位に位置しても良い1台かもしれない。

(ダレン・モス)

キア・ソウル 1.6CRDi コネクト・プラス

価格 £17,500(299万円)
最高速度 180km/h
0-100km/h加速 10.8秒
燃費 20.0km/ℓ
CO2排出量 132g/km
乾燥重量 1538kg
エンジン 直列4気筒1582ccターボ・ディーゼル
最高出力 128ps/4000pm
最大トルク 26.5kg-m/1900-2750rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

キアの人気画像