【詳細データテスト】アルピナB8グランクーペ 文句なしの速さ 洗練の乗り味 やんちゃさは足りない

公開 : 2021.10.02 20:25

快適性/静粛性 ★★★★★★★★★☆

B8の巨大なホイールと低扁平タイヤをひと目見て、アルピナが物欲をそそるルックスのために乗り心地を犠牲にするのは賢明なことなのかと考えずにいられないのではないだろうか。

たしかに、なめらかさは多少ながら引き換えにしているが、それに気付かされることはそうそうない。低速域でも高速域でも、B8がみせる動きは、フロントに35扁平、リアに30扁平のタイヤを履く600ps級のパフォーマンスカーであるという根本的な事実をものともしないほど穏やかだ。走りの洗練性に関していえば、GT63やパナメーラに対して明らかなアドバンテージがある。

ロープロタイヤを履き、金属スプリングのサウペンションを用いる600ps級のパフォーマンスカーであることを、B8のしなやかな走りは忘れさせる。静粛性も高い。
ロープロタイヤを履き、金属スプリングのサウペンションを用いる600ps級のパフォーマンスカーであることを、B8のしなやかな走りは忘れさせる。静粛性も高い。    MAX EDLESTON

このクラスのクルマなら、優れたプライマリーライドに期待するかもしれないが、このアルピナの場合、ほかに差をつけるのは荒れた舗装や路面の波打ち、窪みに面したときのセカンダリーライドだ。単に2点間を移動するだけのときにも、すばらしい相棒となってくれる。

また、エアスプリングにすれば黙って優れた乗り心地を提供してくれるというものではないことを、このクルマは教えてくれる。正しいノウハウさえあれば、オールドスクールなスティールスプリングとダンパーの組み合わせでもいい仕事をさせることができるのだ。

そうはいっても、先進技術の助けは間違いなくある。アクティブスタビライザーの貢献度は、疑うべくもないところだ。このデバイスは、直線走行時にはほぼ完全にカットすることができる。ダンパーをアルピナ独自のコンフォートプラスモードにセットすると、しなやか極まる走りを味わえる。

高速道路の速度域でタイヤから生じる非常に微かな反響音を別にすれば、静粛性の高さも喜ばしいほどだ。GT63が72dBAだった113km/h巡航時の室内騒音は、B8では67dBAにとどまった。この差はかなり大きい。もっとも、フライングスパーの64dBAには及ばなかったのだが。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アルピナの人気画像