【詳細データテスト】アルピナB8グランクーペ 文句なしの速さ 洗練の乗り味 やんちゃさは足りない

公開 : 2021.10.02 20:25

操舵/安定性 ★★★★★★★★☆☆

B8はGT63やパナメーラに比べると、アジリティや後輪駆動的なバランスで同レベルには達していない。サスペンションと駆動系は、その挙動からすると、スタビリティとトラクションをなによりも重視したセットアップだ。それゆえ、最高峰のハンドリングを誇るGTカーを際立たせるような操縦性の冴えは得られていない。

にもかかわらず、B8は上々のコーナリングバランスと目を見開くようなアジリティをみせる。それは、うまくチューニングされた後輪操舵を備える大型車に見出せる類のものだ。しかしペースを上げると、簡単にオーバーステアを引き起こすことは拒む。

コーナリング時のプライオリティは、スタビリティやバランス、トラクションに置かれていて、後輪操舵はうれしいくらいのアジリティを約束してくれる。それを裏打ちするのが、自信をもたらしてくれるステアリングの正確さだ。
コーナリング時のプライオリティは、スタビリティやバランス、トラクションに置かれていて、後輪操舵はうれしいくらいのアジリティを約束してくれる。それを裏打ちするのが、自信をもたらしてくれるステアリングの正確さだ。    MAX EDLESTON

早めに前輪へトルクを送り、スタビリティを確立することは妥協せず、先に挙げたライバルたちに比べるとよそよそしい印象が強い。もっともアグレッシブな走行モードでは、競合モデルたちが安定性の十分なマージンを強力な余剰トルクが上回っても構わないといったセッティングなのに対し、アルピナはそれを認めないのだ。

だからといって、このクルマとの一体感が欠けているというわけではない。むしろ、そこからは掛け離れている。ステアリングにはたしかな満足感がある。M850iばかりか、正真正銘のスポーツカーの多くのそれよりリニアで、すばらしく正確。どれだけサスペンションに大きな負荷がかかっていてもそうなのだ。

このクラスには、これよりインフォメーション豊かな操舵系もあるが、それでもこの掛け値なしに大きなクルマを、たとえ狭い道でも、きっちり位置決めできる自信をおおいにもたらしてくれる。そのことは、アルピナがすべての自社モデルに持たせようとしている扱いやすさの一助となる。

このクルマが、現実的なシチュエーションで使われることを考慮して造られているという感覚は、ボディコントロールにもはっきり表れている。日常的な走行シーンで、スプリングレートが高すぎるのではないか、もしくはサスペンションのダンピングが足りないのではないか、といった疑問を感じることはまずない。

B8はいかなる路面も穏やかに減衰しているように感じられ、スピード感を伝える程度のロールも、見かけによらずうまく隠してくれるが、ルーズ感はまったくない。極限的なコントロールではこれより優れるクルマもあり、過度にハードな走りをするとそこに気付かされるかもしれない。

しかし、B8が公道志向の運動性を満足いくものに仕上げられていることを考えると、限界域での操縦性でライバルに一歩譲ったとしても、そこを許容するのは簡単なことだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アルピナ B8の人気画像