【詳細データテスト】アルピナB8グランクーペ 文句なしの速さ 洗練の乗り味 やんちゃさは足りない

公開 : 2021.10.02 20:25

走り ★★★★★★★★★☆

少なくとも最近まで、アルピナの6気筒ツインターボモデルは、ベース車が共通するBMW Mモデルにパワーデリバリーのリニアさで肩を並べるにはやや足りず、とくに中回転域ではブースト感が強いフィーリングだった。しかしB8は、それとはまったく違う。

このクルマは驚くほどパワーデリバリーがリニアで、トルクのリザーブ量もじつに莫大なものに思える。それでいて鋭く回り、歯切れよくスムースに変速する。本当に円熟味のある、よくしつけられたパワートレインは、長距離を走る速いGTカーには最適で、期待通りの実力を発揮してくれて、余力も十分にある。

リニアでゆとりあるエンジンとうまくチューニングされたトランスミッションが4WDシステムと相まって、12気筒のフライングスパーすら凌ぐ加速性能を発揮する。
リニアでゆとりあるエンジンとうまくチューニングされたトランスミッションが4WDシステムと相まって、12気筒のフライングスパーすら凌ぐ加速性能を発揮する。    MAX EDLESTON

アルピナチューンのN63型V8に懸念があるとすれば、どのようなサウンドを聞かせてくれるのかという点だ。ブーフローエのエンジニアたちは、BMWのデジタルエンジン音合成ソフトをいじって、M850iよりナチュラルな性質の音作りを目指したが、その試みが大成功を収めたとはいえない。

競合するV8エンジンのGTカーには、もっと音的な魅力が感じられる。もちろん、アルピナは洗練性とソウルフルさの融合を狙ったわけで、そこから逸れているとしても、大きく的を外しているわけではない。

そしてパフォーマンスに関しては、当然ながら大外しすることはない。われわれが計測した加速タイムは、0-97km/hが3.5秒で、0-161km/hが7.8秒。どちらについても、メルセデスAMGのGT63 4ドアクーペのほうがわずかに速く、GT63 Sになるとその差は広がるはずだ。

だが、12気筒のベントレー・フライングスパーよりは、まるまる1秒先に161km/hへ到達する。アストン マーティンDBSスーパーレッジェーラでさえ、129km/hを超えないとB8からリードを奪えない。

四輪駆動とトルクが太くて融通が効くフィールのパワーデリバリーが協調し、グイグイ進んでいくさまは、驚天動地の速さを感じる。このエンジンの推進力は、ほぼどの回転域でも発揮され、シフトチェンジの巧みさは、もっとラフな走りのライバルたちではなし得ないものだ。

トップギアでは、英国の高速道路の制限速度内で1750rpmを超えることはまずない。しかも、すばやい加速がしたいときには、ペダルを大きく踏み込むだけで、すばらしく直感的にキックダウンする。また、変速ロジックはカントリーロードを楽しみながら速く、流れるように走るのにぴったりで、麗しい作りのシフトパドルに指をかけなくてもいいくらいだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アルピナの人気画像