フェラーリ・デイトナSP3発表 Icona(イーコナ)シリーズ3番目

公開 : 2021.11.22 22:15

フェラーリ・デイトナSP3が、Icona(イーコナ)シリーズ3番目のモデルとしてイタリアで発表されました。

フェラーリ・デイトナSP3発表

フェラーリ・デイトナSP3が発表。

2020年に開催されたフェラーリのF1参戦1000回記念グランプリなどさまざまななイベントの舞台、イタリアのムジェロ・サーキットで披露された。

フェラーリ・デイトナSP3
フェラーリ・デイトナSP3    フェラーリ

デイトナSP3は、フェラーリIcona(イーコナ)シリーズの3番目のモデルにあたる。(SP1/SP2が1番目と2番目)

イーコナ・シリーズについてフェラーリは「フェラーリ屈指のアイコニックなモデルのタイムレスなスタイリングを大胆かつ現代的に再解釈し、現在利用できる最も革新的な素材やテクノロジーを駆使して、フェラーリの歴史を称えています」とコメントする。

この記事では外装/内装/パワートレインについて解説する。なお、価格や生産台数については明言されていない。

フェラーリ・デイトナSP3の外装

全長:4686mm、全幅:2050mm、全高:1142mm、ホイールベース:2651mm。トレッド(前):1692mm、(後):1631mm。乾燥重量は1485kg。

タイヤ(前):265/30 ZR20、タイヤ(後):345/30 ZR21。

フェラーリ・デイトナSP3のリアビュー。
フェラーリ・デイトナSP3のリアビュー。    フェラーリ

頂点が2つあるフロントフェンダーは、512 Sや712 Can-Am、312 Pといった過去のフェラーリ・スポーツプロトタイプを参考にしているという。

サイドボディ後部は、ほっそりとしたウエストから外へ張り出し、リアタイヤ前方を包み込む屈強なふくらみへと盛り上がり、テールに向かって再び絞り込まれている。

もう1つ、鍵となる要素がバタフライドアだ。エアボックスが内蔵されており、サイドのラジエーターへと空気を導く。機能のみならず、外観もたレーシングカーを強く想起させる。

リアは複数の水平ブレードが締めくくる。「未来的であると同時にフェラーリDNAの特徴を感じさせる外観です」とフェラーリはコメントする。

テールライトは、ブレードの1列目に組み込まれている。ディフューザー上部の中央にはツイン・テールパイプが配置されている。

フェラーリ・デイトナSP3の内装

フェラーリ・デイトナSP3の内装は、330 P3/4や312 P、350 Can-Amを参考にしているという。

主眼となったのが、ダッシュエリアと2個のシートを明確に分離して、キャビンの横幅を広く見せること。

フェラーリ・デイトナSP3の内装。
フェラーリ・デイトナSP3の内装。    フェラーリ

ダッシュボードの、トリムはクオーターガラスまで広がり、ウインドスクリーンと接続するエリア全体を包む。

シートはシャシーと一体化している。周囲のトリムへのテーマの拡張、ボリューム感による効果などは、固定式シートだからこそ可能となったという。

ドアパネルのデザインも、コックピットの幅を広く見せる。カーボン・ファイバー製パネルにトリムエリアをいくつか加え、肩の高さにはレザーパッドを設ける。これもまたスポーツプロトタイプとの関連を伝える意図があり、ラップアラウンドの印象を強める。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フェラーリの人気画像