次期トヨタ・プリウス 2022年に発表か ハイブリッド車のパイオニア、5代目へ

公開 : 2021.12.08 18:45

トヨタ・プリウスの新型が来年登場する可能性があります。将来性について欧州トヨタの幹部に話を聞きました。

電動化を象徴するモデル

トヨタは、同社初の量産EVとともに、ロングセラーモデルであるプリウスの新型車を発売する計画を示唆している。

トヨタ・プリウスは、1997年に世界初の量産型ハイブリッド車として発売された。それから約24年、4代目となったプリウスは、世界で最も売れているハイブリッド車の1つであり、カムリC-HRカローラ、ハイランダー、RAV4、ヤリスなどと比較しても遜色がない。

トヨタ・プリウス
トヨタ・プリウス

トヨタはこれまでのところ、プリウスの将来性については口を閉ざしている。しかしながら、今後数年間にわたって、ハイブリッド・パワートレインが同社の電動化戦略において重要な役割を果たすことは明らかだ。

英AUTOCAR編集部は、トヨタ欧州担当副社長のアンドレア・カルーチ氏にインタビューを行った。プリウスは今でもラインナップの中で重要な位置を占めているのか、また次の世代が登場するのかどうか尋ねてみたところ、次のような答えが返ってきた。

「プリウスは今でも電動化のパイオニアであり、トヨタにとってアイコンとなっていることは明らかです。我々の旅は25年以上前に始まったのです」

「その役割は維持する必要があり、技術面で常にトップを走り続けなければなりません。多くを語ることはできませんが、将来的にもアイコンを無駄にしたくはありません」

E3アーキテクチャーの採用も?

カルーチ氏は、EV充電インフラが普及する中で、今後もハイブリッドのパワートレインを存続させる可能性を示唆した。

「世界的に見れば、さまざまなソリューションを実証しようとする中で、依然としてハイブリッドに重心があります」

トヨタ・プリウス
トヨタ・プリウス

「そのため、プリウスは明らかに、我々がハイブリッドと電動化のリーダーであることを象徴する存在なのです」

現行モデルのプリウスは2016年から販売されているが、歴代モデルの6年間のライフサイクルに基づくと、2022年にモデルチェンジされる可能性が高い。

トヨタは後継モデルの見通しについて何も語っていないが、既存のGA-Cプラットフォームと次期bZプラットフォームの要素を用いて、EV、プラグイン・ハイブリッド車、ハイブリッド車に対応した、欧州に特化した新しいアーキテクチャー「E3」を開発中であることを認めている。このアーキテクチャーが5代目プリウスに使用される可能性もある。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

トヨタの人気画像