ポルシェ、LMDh参戦マシンを一部公開 2023年ル・マン投入予定 ドライバー2名の起用も

公開 : 2021.12.20 21:05

ル・マン24時間に復帰のポルシェがLMDh車両を初公開。経験豊富なドライバー2名の採用も発表されました。

世界トップレベルの耐久レース復帰車両

ポルシェは、2023年のル・マン24時間レースで使用する車両を初めて公開した。同社は、世界トップレベルの耐久レースであるル・マン24時間に2023年から復帰し、LMDh規定で作られたニューマシンを投入する。

来年からこのマシンで大規模なテストプログラムを開始する予定で、開発作業のリーダーとして経験豊富なレーサーのデーン・キャメロンとフェリペ・ナスルを起用した。

ポルシェが公開したティーザー画像
ポルシェが公開したティーザー画像    ポルシェ

公開された画像は、カモフラージュが施された車両の一部を拡大したもので、主にリアエンドと大型リアウイングの形状を見ることができる。また、低い位置に配されたブレーキライトも写っている。ポルシェが最も自由にスタイリングできるフロント部分は公開されていない。

トヨタプジョーのLMH規定とは異なり、LMDh規定ではシャシーを4社(ダラーラ、オレカ、リジェ、マルチマチック)の中から1社を選んで調達しなければならない。ポルシェは、2023年に同じくLMDhクラスに参入するアウディと共同でプロジェクトを進めており、両車ともマルチマチック社製のシャシーを使用する。

空力スペックは決まっているが、ポルシェは市販車とリンクさせるために特注のボディワークを装着し、また独自のパワートレイン要素を追加することも可能だ。最高出力は680psに制限されている。

米IMSAにも参戦 ドライバーは経験豊富なベテラン

LMDh規定のマシンは、ル・マンを含む世界耐久選手権と米国IMSA選手権の両方に参加することができる。ポルシェは、米国の有力チームであるチーム・ペンスキーのワークスプログラムとして、両方に参戦する予定だ。

ドライバーに起用された米国人のキャメロン(33歳)は、IMSAでのレース経験が豊富で、2016年と2019年の2回、プロトタイプのタイトルを獲得している。また、ペンスキーが運営するワークス・アキュラでは3シーズンを過ごした。

ポルシェが公開したティーザー画像
ポルシェが公開したティーザー画像    ポルシェ

ブラジル人のナスル(29歳)も、2018年と今シーズン、アクション・エクスプレス・レーシングのドライバーとしてIMSAのタイトルを2度獲得している。2015年と2016年には、ザウバーからF1に参戦した。

ペンスキー・ポルシェ・モータースポーツは、1月から新型LMDhマシンの「大規模」なテストプログラムを開始する予定だ。

ポルシェは2023年に耐久レースに復帰する際、厳しい競争に直面することになる。LMHクラスのトヨタとプジョーのほか、アウディ、アキュラ、BMWフェラーリなどのメーカーが2023年以降のLMDhに参戦することになっているのだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジェームス・アトウッド

    James Attwood

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事