BMW i4 eドライブ40 Mスポーツへ試乗 純EVへの移行を後押し 339psの後輪駆動

公開 : 2022.01.04 19:05

従来的サルーンのフォルムをまとうi4。内燃エンジン車からの乗り換えを後押しできると、英国編集部は評価します。

グランクーペ風の4ドアサルーン

BMWが小型ハッチバックの純EV、i3を発表したのが2013年。長い間をおいて、中型サルーンのi4が姿を表した。

純EVへ早期に取り組んでいたBMW。だが、テスラポルシェメルセデス・ベンツといったライバルに少し遅れるかたちでi4が投入されるに至ったのは、i3のほろ苦い経験だったようだ。

BMW i4 eドライブ40 Mスポーツ(欧州仕様)
BMW i4 eドライブ40 Mスポーツ(欧州仕様)

先進的で斬新なコンパクトカーといえたi3は、期待通りの成果を得られなかった。同時期に発売された、ハイブリッド・スーパーカーのi8も。それを踏まえてなのか、i4は技術的にもスタイリング面でも、それらとは異なるベクトルが与えられている。

純EV専用プラットフォームを開発するかわりに、i4の基礎に選ばれたのは実績あるプラットフォームの改良版。現行の3シリーズや4シリーズも採用しているものだ。

スタイリングも、どちらかといえば従来的なデザイン処理が与えられた、グランクーペ風の4ドアサルーン。スポーティで見慣れた印象を受ける。BMW好きにとっても訴求力があると思うし、サイズやプロポーションも理想的だ。

欧州の場合、BMWの中型サルーンの主な需要は、会社からの貸与車両を中心とするビジネスユーザー。内燃エンジンからのスイッチに対しても意欲的で、このブランドの純EVサルーンを歓迎する人も多いだろう。

そんなユーザーは、過度に斬新なデザインを望んではいない。i4なら大丈夫そうだ。

航続距離590km 0-100km/h加速5.7秒

BMW i4は、内燃エンジンを搭載する現行の3シリーズよりひと回り大きい。全長4783mm、全幅1852m、全高1448mmで、トレッドも広い。容量80.7kWhの駆動用バッテリーの多くがフロア下に並べられており、重心高は低い。

写真で見る以上に、3シリーズとi4との見た目の印象は大きい。ボディサイドにライトブルーのアクセントが長く伸び、電動であることを主張する。

BMW i4 eドライブ40 Mスポーツ(欧州仕様)
BMW i4 eドライブ40 Mスポーツ(欧州仕様)

フロントマスクは、純EV SUVのiXに似た8角形の縦に長いキドニーグリルが据えられ、その両サイドをスリムなLEDヘッドライトが引き締める。内燃エンジンほど冷却性能は求められないため、フロントグリルにはカバーが掛けられ、カメラが埋め込まれている。

英国で提供されるi4は、2グレードでの展開となる。トップグレードがツインモーターで合計544psの最高出力を発揮する、四輪駆動のM50。こちらには以前AUTOCARで試乗している。

そして今回試乗した、車重が少し軽くシングルモーターで339psを発揮する、後輪駆動のeドライブ40だ。BMWらしく、Mスポーツも指定できる。

純EVとしてスペック表で最も目を引く数字が、WLTP値で590kmという長い航続距離。M50より英国価格は9500ポンド(約144万円)も安価でありながら、0-100km/h加速は5.7秒と充分鋭い。こちらの方に人気が集まることは想像できる。

BMWは、eドライブ40の最高出力を自社の最もパワフルな直列6気筒ディーゼルに並ぶ、と主張している。それにも疑問はないだろう。

記事に関わった人々

  • 執筆

    スティーブ・クロプリー

    Steve Cropley

    AUTOCAR UK Editor-in-chief。オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

BMW i4の人気画像