ACシュニッツァー ACS3スポーツへ試乗 ベースはG20型M3 590psと76.3kg-m

公開 : 2022.01.12 08:25

ドイツのACシュニッツァー社が最新のM3をチューニング。590馬力のサルーンを、英国編集部が評価しました。

総額約465万円のチューニングメニュー

派手なクルマがお好みでなければ、視線をそらしたくなる見た目かもしれない。最新のBMW M3は、エレガントさでは歴代で1番とはいいにくい。さらにACシュニッツァー社は、そのスタイリングを増長させている。

彼らの最新の作品名は、ACS3スポーツ。1989年にE30型BMW 3シリーズでチューニングをスタートさせたドイツ・アーヘンに拠点を置くチューニングブランドによる、注目のマシンだ。

ACシュニッツァー ACS3スポーツ(欧州仕様)
ACシュニッツァー ACS3スポーツ(欧州仕様)

ACシュニッツァー社のモットーは一貫している。ノーマルのMシリーズをより公道で滑らかに走らせ、アウトバーンでより安定させ、サーキットをより速く周回させること。

G20型と呼ばれるM3のマルチに高い能力を考えると、難しい要求に思える。しかしACシュニッツァー社はいつも、BMWを大幅に向上させるレシピを発見してきた。

ベースのM3に約3万ポンド(465万円)を追加したコンプリートカーだけでなく、範囲を絞ったアップグレード・メニューも用意されている。ACS3スポーツとして仕上げずに、個別に選んで装着させることもできる。

多くの人が選ぶであろうアイテムは、20インチの鍛造ホイール。とても軽量な逸品だ。あるいは、リアウイングなどのボディキットに惹かれるオーナーもいるだろう。

ACシュニッツァーが準備したすべてのチューニングを施すと、車両代と合わせて11万ポンド(約1705万円)を超えてしまう。全部乗せを選ぶドライバーは少ないかもしれない。だが、今回筆者が試乗したACS3スポーツは、そのコテコテの1台となる。

最高出力は590ps ダウンフォースは110kg

最も読者を惹きつけるであろう変更が、馬力アップ。通常のM3 コンペティションは510psを発揮するが、ACS3スポーツでは590psへ引き上げられている。最大トルクは66.1kg-mから、M5級の76.3kg-mへ太くなっている。

それを叶えているのが、独自のセカンダリーECU。3年間の保証が付くうえに、BMWの正規保証にも影響を与えないというスグレモノだ。

ACシュニッツァー ACS3スポーツ(欧州仕様)
ACシュニッツァー ACS3スポーツ(欧州仕様)

サスペンションは、KW社製のRSコイルオーバー・キットが組まれる。高速域と低速域とで、伸縮時の減衰力調整が個別にできる。既製品ではなく、KW社とともに高精度なバルブが開発された専用品だという。

また、リアはそのままで、フロント側の車高が15mm低くなるスプリングも選べる。オリジナルのダンパーを残し、コストを抑えることも可能だ。

ACシュニッツァー社によれば、G20型M3のねじり剛性を考慮すると、RSコイルオーバー・キットの効果は大きいとのこと。ジオメトリー自体には、ほぼ変更は加えられていない。

試乗したACS3スポーツは、まだ完成段階ではなく、サスペンションは最終調整を終えていなかった。迫力のあるエグゾーストシステムも。少なくともボディのエアロキットは、仕上がったフォルムにある。

レーシングカーのようなフロント・カナードに厚みのあるスプリッター、ディフューザー、リアウイングなど、マッシブなM3は一層迫力を増している。好みは分かれるかもしれないが、200km/hで110kgのダウンフォースを生み出す効果がある。

記事に関わった人々

  • 執筆

    リチャード・レーン

    Richard Lane

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

BMW 3シリーズの人気画像