新型ノーブル「M500」 年内に生産開始予定 英国スーパーカーメーカー復活の狼煙

公開 : 2022.01.13 06:05

ノーブルは新型スーパーカーM500の納車を年内にも始める意向で、プロトタイプによるテストを進めています。

ライバルはコルベットと911

英国のスーパーカーメーカーであるノーブルは、2009年に登場し好評を博したM600以来の新型車「M500」を発表した。

2018年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでコンセプトとして初公開され、その後順調に開発が進められているM500は、M600よりも安価で低出力のモデルとしてこれに取って代わるものと見られる。

ノーブルM500
ノーブルM500    ノーブル

プロトタイプによる最終的なテストが始まったばかりだが、ノーブルは最初の1台が今年中に納車されると述べている。

新型M500は、M600と同様、スチール製のシャシーにエンジンをミドシップ搭載した2シーターのスーパーカーである。しかし、ボルボのV8ツインターボではなく、フォードGTに搭載されている3.5LのV6ツインターボが採用されている。

標準では、このエンジンは500ps強と83kg-m近くを発生するが、ノーブルはM500を約550psで市場に投入する意向である。

M600は最大ブースト設定で660psを発揮し、当時最も強力なスーパーカーの1つとなった。550psのM500は、新型シボレー・コルベットC8やポルシェ911ターボSを含むスポーツタイプのモデルとなるであろう。

前作M600をベースに開発

ボディはカーボンではなく新たにガラス繊維強化複合材を採用し、低コスト化を目指している。しかし、ノーブルのマネージング・ディレクター、ピーター・ブートウッドによると、ボディの下にある鋼管シャシーは「70%がM600」であるという。

M500はM600とほぼ同じサイズで、全幅はわずか数mmの違いがあるが、より広いスペースが確保できるように再設計された。シャシーやサスペンションの基本設計はよく似ているため、乗り心地やハンドリングは「M600に近い」とブートウッドは予想する。

ノーブルM500
ノーブルM500    ノーブル

サスペンションはダブルウィッシュボーンで、コイルオーバースプリングとパッシブダンパーが前後に装備されている。油圧式パワーステアリングは搭載されているが、アンチロック・ブレーキやエアバッグは装備されていない。

トランスミッションは、グラツィアーノ社製の6速マニュアルのみで、メタルゲートとシフトアクションはノーブル独自のもの。

キャビンには2つのレカロ・ポディウムシートが備わり、ペダルがわずかにオフセットされているとはいえ、第一印象で好ましいドライビングポジションとなる。メーターはシンプルなデジタル式が採用された。シャシーの再設計によりドアシルが小さくなり、M600よりも乗り降りがしやすくなっている。

現時点ではあくまでプロトタイプだが、内外装パネルのフィット感や仕上げは極めて良好である。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・プライヤー

    Matt Prior

    英国編集部エディター・アト・ラージ
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ノーブルの人気画像