BMWの次世代EV 新型i7 xドライブ60発表 航続590km以上の大型高級セダン、先行販売開始

公開 : 2022.04.21 18:05

BMWの旗艦EVセダン、新型i7が公開されました。日本では初期限定モデルの先行販売が始まっています。

6台目の本格EVセダン

2022年発売の新型BMW 7シリーズから、同社にとって6番目のEVとなる、高級セダン「i7」が生まれた。

新型i7は、メルセデス・ベンツEQSポルシェタイカンに対するBMWの旗艦EVセダンだ。第8世代となる新型7シリーズのラインナップの一部として、内燃エンジン搭載モデルとともに販売される。

BMW i7
BMW i7    BMW

「i7 xドライブ60」は、2基の電気モーターにより合計出力543psを発生し、WLTPサイクルでの航続距離は590~624kmとされる。

初期生産限定モデルの「i7 xドライブ60エクセレンス・ザ・ファースト・エディション」の価格は1900万円から。50台限定で、4月21日から先行販売を開始。2022年第四四半期以降の納車を予定している。

なお、欧州では最高出力605psの上位モデル「i7 M70 xドライブ」も投入される予定。

航続距離は590km以上

i7 xドライブ60は、SUVのiX xドライブ60と同様のドライブトレインを採用し、フロントに255ps、リアに310psの計2基の電気モーターを搭載。合計543ps、最大トルク75kg-mを発生するようチューンされている。BMWによると、0-100km/h加速4.7秒、最高速度は240km/hに達するという。

また、第5世代と呼ばれるこの電動パワートレインには、「レアアース」材料を一切使用しないモーターと、「グリーンエネルギー」により製造されたバッテリーセルが採用されているとのこと。

BMW i7
BMW i7    BMW

フロアパン内に搭載された101.7kWhのリチウムイオンバッテリーとの組み合わせにより、消費電力は18.4~19.6kWh/100km、WLTPサイクルでの公式航続距離は590~624kmとなる。

BMWはまた、航続距離の「ベストケース」と「ワーストケース」の差を可能な限り縮めるために、多大な努力を払ったと述べている。その結果、両シナリオの航続距離の差はわずか75km、つまりわずか12%の変動に過ぎないという。

充電はACシステムで最大11kW、DCシステムで最大195kWに対応。後者では10分間で170km分の航続距離を充電できるとされている。

i7の充電ハードウェアは、従来のi4およびiXよりも改善されており、バッテリーの温度を「より正確に制御」できるほか、ルート上の充電器に関する詳細な情報を、より迅速に車載ナビで提供するという。BMWは、バッテリーの残量が走行距離に対して不足している場合、「ナビに目的地を入力すると同時に、充電に最適なルートを算出する」としている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

BMWの人気画像