911ベースのオフロード車 新型ゲンバラ・マーシャン 世界限定40台、年内に納車開始

公開 : 2022.04.27 06:25

ポルシェをベースとしたゲンバラの限定モデル「マーシャン」がまもなく完成し、年内に納車を開始します。

911ターボSをオフロード仕様に

マーク・フィリップ・ゲンバラが手がけるオフロード仕様のスーパーカー「マーシェン」の納車が、今年後半から開始されることが明らかになった。ポルシェ911ベースの限定モデルで、完成前でありながら「ほぼ完売」しているという。

最高出力750psのマーシャンは、最新のポルシェ911ターボSをベースにカスタマイズ。1980年代にパリ・ダカールラリーに参戦して成功を収めた959にインスパイアされたモデルである。生産予定の40台のうち、10台は発表前に販売され、あとの30台もほぼ完売したとのこと。残る数台については、購入希望者と協議中とされている。

ゲンバラ・マーシャン
ゲンバラ・マーシャン    ゲンバラ

マーク・フィリップ・ゲンバラ氏は、チューニン会社ゲンバラの創業者である故ウーヴェ・ゲンバラ氏の息子。同社は、911などポルシェのカスタマイズでよく知られている。

マーシェンは現在、欧州、中東、米国市場向けのホモロゲーションが行われている。

砂漠を走るスポーツカー

マーシャン(Marsien)という車名は、フランス語で「火星人」を意味する言葉で、開発の舞台となったUAEの砂漠にある火星のような砂丘をイメージしている。その名の通り、起伏の多い地形にも対応できるよう、数々の抜本的な変更が施されている。

チューナーのルーフ(RUF)が6気筒エンジンの出力を750ps、トルクを94kg-mに向上させ、0-100km/h加速2.6秒、最高速度330km/hに達する。

ゲンバラ・マーシャン
ゲンバラ・マーシャン    ゲンバラ

さらなる強化オプションとして、ターボチャージャーの強化、エンジンマッピングの見直し、トランスミッションの変更などにより出力を830psに向上させる「セカンド・ステージ」も用意されている。

ゲンバラによれば、このエンジンは最新のユーロ6排出ガス規制に適合しているとのこと。

サスペンションは、KWオートモーティブ社の特注品で、ソリッド・ピストン・ダンパーと「インテリジェント・アクティブ・ダンパー・コントロール」を採用したダブルウィッシュボーンをフロントに装備している。グランドクリアランスは、「ロードモード」では120mm、「オフロードモード」では250mmまで上げることができる。

ダンパーは20ミリ秒で状況に応じて反応するという。また、ポルシェがすでに提供している舗装路走行用のモードに加えて、グラベル、マッド、サンド、スノー用のドライビングモードが追加されている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ポルシェ 911の人気画像