ガソリン高騰でも楽しみたい フィアット850 スパイダー/オースチン・セブン 1.0L以下のクラシック 中編

公開 : 2022.07.10 07:06

世界中が悩まされる原油高騰。英国編集部が、こんな時代も楽しめる排気量1000cc以下のクラシックを選出しました。

フィアット850 スパイダー(1965〜1972年)

フィアットのスパイダーと聞くと、珍しいエキゾチックモデルに聞こえるだろう。だが、1965年から1972年にかけて製造された、リアエンジンの850 スパイダーは約12万4000台も売れている。

モデル後期には843ccから903ccへ排気量が大きくなり、スタイリングもリフレッシュ。立ち上がったヘッドライトが与えられ、850 スポルト・スパイダーと呼ばれるようになったが。

フィアット850 スパイダー(1965〜1972年/欧州仕様)
フィアット850 スパイダー(1965〜1972年/欧州仕様)

850 スパイダーには右ハンドル車が存在しない。アメリカ市場が主眼に置かれ、彼の地で英国製スポーツカーとしのぎを削っていた。

今回ご登場願ったのは、ヘッドライトカバーの付いた前期型。ロブ・テイラー氏が30年を掛けて大切にしてきた1台だという。彼は、850のキャンピングカーとサルーンも所有しているという、クラシック・フィアット・マニアだ。

カロッツエリアのベルトーネ社が手掛けたボディは、驚くほど小さい。しかし乗り降りはしやすく、パッケージングは良く考えられている。ラゲッジスペースは広く、フードはきれいに折りたたまれ、エンジンルームにもゆとりがある。

850 スパイダーでは、フロントのディスクブレーキと、フェイクウッド・リムのステアリングホイール、5枚のアナログメーターという豪華装備が標準装備だった。テールゲートを開くと、エグゾースト・ヘッダーが並んだ直列4気筒が収まっている。縦方向に。

ペダルとステアリングホイールとの位置関係は、若干オフセットしている。だが、身長の高いドライバーでも問題なく運転席に座れる。

当時の量産リアエンジンでベストの操縦性

エンジンは滑らかに、静かに回転し、サルーンより13psも高い49psを発揮。最高速度144km/hを実現していた。燃費は、穏やかな気持ちで流せば18.0km/L近くまで伸びるというが、現実的には14.0km/L前後のようだ。

ロケットのように加速はしないが、軽くダイレクトなステアリングとしなやかな乗り心地が相まって、走りの質感は良い。エンジンは7000rpmのレッドラインまで軽快に回る。

フィアット850 スパイダー(1965〜1972年/欧州仕様)
フィアット850 スパイダー(1965〜1972年/欧州仕様)

クラッチペダルは軽く、漸進的につながる。4速MTの扱いには注意が必要。ギアの回転を調整するシンクロメッシュが弱く、特に2速ではタイミングを計る必要がある。

850 スパイダーの操縦性は、1960年代後半の量産リアエンジン・モデルとしてベストにランクインできる。コーナリングは基本的にニュートラルで、低速コーナーへ突っ込みすぎるとアンダーステアへ転じる程度。

そもそも、テールを振り回すほどパワーはない。派手な身振りを楽しむモデルでもない。

北米市場では、トライアンフ・スピットファイアなどより安価に売られていた850 スパイダー。アルファ・ロメオは高すぎる、という輸入車好きのオシャレなドライバーが好んで購入した。

そのため、2022年に状態の良い中古車を探すなら、イタリアかアメリカまで範囲を広げる必要がある。堅実的といえる価格で、英国市場にも少数は流通しているようだが。

部品の入手は徐々に難しくなっている。ボディパネルは殆ど手に入らないという。さらにテールライトは、ランボルギーニ・ミウラと同じ部品。維持が簡単ではないことは間違いない。

協力:ロブ・テイラー氏、フィアット・モータークラブGB

記事に関わった人々

  • 執筆

    サイモン・ハックナル

    Simon Hucknall

    英国編集部ライター
  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。
  • 撮影

    ウィル・ウイリアムズ

    Will Williams

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

ガソリン高騰でも楽しみたい 1.0L以下のクラシックの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事

 

スズキ カプチーノの人気画像