小さくて何が悪い? 忘れがたい小排気量エンジン搭載車 18選 ファッショナブルな1台も

公開 : 2022.09.04 06:05  更新 : 2022.09.26 14:36

排気量の小さいエンジンを搭載した、忘れられないクルマを18台取り上げます。どれも個性的で、パワーはなくても運転が楽しく、ファッショナブルで可愛いものばかり。

小さくても心を揺さぶる1台

エンジンを小型化する「ダウンサイジング」は、自動車業界におけるトレンドの1つとなっている。だが、今回紹介するモデルは、どれも初めから小排気量のものばかり。エンジンを話題に挙げると、どうしても排気量の大きいものに注目が集まりがちだが、あえて小さいものに焦点を当てていきたい。

小排気量のエンジンは、すべて経済的な理由からサイズを抑えているわけではない。倹約よりも性能を重視したものもある。本稿では、これまで自動車に搭載された中で、最小にして最高のエンジンを、排気量の大きい順に紹介する。

魅力的な小排気量モデルを18台紹介。
魅力的な小排気量モデルを18台紹介。

クラン・クルセイダー – 875cc

英国生まれのクラン・クルセイダーは、排気量875ccの4気筒エンジンを搭載している。クルセイダーが登場した1970年代初頭の他社製スポーツカーに比べれば、とても小さなエンジンであった。クルセイダーで何よりも特別だったのは、グラスファイバー製の軽量なボディで、車重はなんと578kgに抑えられている。

後部に搭載されたエンジンは、ヒルマン・インプのユニットをチューニングしたもので、最高出力52ps、最高速度160km/h、0-97km/h加速12.5秒という性能を誇る。インプのエンジンはなかなか優秀なもので、高速走行やモータースポーツ向けに100ps以上にチューンすることも簡単だった。クルセイダーもサーキットやラリーステージで一定の成功を収めている。

クラン・クルセイダー
クラン・クルセイダー

フォルクスワーゲンXL1 – 800cc

2013年に生産が開始されたフォルクスワーゲンXL1。複合燃費111km/l、新車価格9万8515ポンド(約1600万円)、200台の限定生産など、注目すべき点は多い。多すぎて、800ccターボディーゼルエンジンの存在は見落とされがちだ。

XL1は、このエンジンに出力27psの電気モーターを組み合わせたハイブリッド車で、0-100km/h加速11.9秒、最高速度160km/hという性能を発揮する。燃費も桁違いだが、これは抗力係数わずか0.186という、エアロダイナミクスに特化したボディの功績も大きい。この記事の中では抜群の空力性能を持っている。

フォルクスワーゲンXL1
フォルクスワーゲンXL1

オースチン7 – 696cc

1922年生まれのオースチン7は、発売されるや否や大ヒットを飛ばし、今でも英国の自動車史上最も重要な国産車の1つである。排気量696ccの4気筒エンジンは、すぐに747ccに拡大されたが、重要なのはその後40年にわたる小型車のひな型を作ったことだ。また、現在のフットペダルのレイアウトを標準化したのもこのクルマで、運転経験のない人でも簡単に乗れるようになっている。

第二次世界大戦後、7のエンジンは多くのスポーツカーのベースとなり、英国のモーターレースクラブ「750モータークラブ」(750は7の排気量に由来)の基礎を築いた。同クラブは現在もオースチン7ベースのレース活動を続けており、オリジナルのエンジン(10.6ps)からは想像もできないようなパワーを発揮するマシンも多く出走する。

オースチン7
オースチン7

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フォルクスワーゲンの人気画像