レンジローバーSVRがニュルでのSUV最速タイムをマーク

公開 : 2014.07.31 22:30  更新 : 2017.06.01 02:12

来年発売が予定されているレンジローバー・スポーツSVRがニュルブルクリンク・サーキットのノルドシュライフェで8分14秒というSUV最速タイムをマークした。

このレンジローバーSVRは、ジャガーのR-Sに搭載されているのと同じ550psを発揮する5.0ℓスーパーチャージャーV8を搭載したモデル。現行のトップ・モデルよりも40psほど高いパワーを持つ。そのパフォーマンスは、0-100km/h加速が5.3秒というレンジローバー・スポーツのタイムを大きく上回りそうだ。ランドローバーによれば、4.5秒が目標であるという。

チーフ・エンジニアのマイク・クロスは、このタイムがプロダクション・モデルと同一のスペックを持つクルマで達成されたものだという。

「ニュルブルクリンクをアタックしたモデルは、車両開発とテストのためのベンチマークだ。20.832kmにある70以上のコーナーをより速く走りぬけ、耐久性もあることを示してくれた。われわれは、このチャレンジで、ハイ・パフォーマンスSUVがどのように機能するかを知りたかったのだ。」

伝えられるところでは、今年の初め、ポルシェ・マカン・ターボが8分15秒という記録をマークしていたという。

レンジローバー・スポーツSVRは、ジャガー・ランドローバーに今年設立されたスペシャル・ビークル・オペレーション・ディビジョンで製作が予定され、サスペンション、ソフトウェア、ブレーキ・システムなども現行のレンジローバー・スポーツから強化されることとなる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事