廃車探しの旅 フランス編 心に残る28台のスクラップたち レストアできそうな個体も

公開 : 2022.10.08 06:05

観光名所として知られる南フランスには、放置されたクルマの残骸が数多く残されています。山河に埋もれ、風雨にさらされ、少しずつ朽ちていく、元・誰かの愛車たち。編集部が見つけた28台の廃車を紹介します。

南フランスにひっそりと佇む廃車たち

観光ガイドでは、南仏のプロヴァンス地方はどこまでも広がるラベンダー畑や何kmも続く海岸線を見ることができるロケーションとして紹介されている。

しかし、マウンテンバイク(またはハイキングシューズ)で人里離れた場所に行ってみると、自動車の歴史に彩られたこの地方の知られざる一面を発見することができるのだ。

打ち捨てられた廃車にはどこか感慨深いものがある。フランス・プロヴァンス地方で見つけた印象的な廃車を紹介。
打ち捨てられた廃車にはどこか感慨深いものがある。フランス・プロヴァンス地方で見つけた印象的な廃車を紹介。

秋になると、廃車はシャントレル茸のように旬を迎える。その一つ一つにユニークな物語がある。

今回は、フランスの田園地帯で、ゆっくりと自然に還っていく「隠れた名車(廃車)」の数々を紹介したい。

オースチン・ミニ

1959年から2000年まで製造された初代ミニは、わずか3mの車体に4つのシートと使い勝手の良いトランクを備えており、歴史に残る傑作として広く認識されている。

この個体のオーナーは、車体をもっと短くしたかったのか、それともトーテムポールにしたかったのかはわからないが、とにかく真っ二つに切った車体を積み重ねている。レストアは不可能だが、机やソファなどにすると良さそうだ。

オースチン・ミニ
オースチン・ミニ

シトロエン2CV

初代ミニやフィアット500など、いわゆる「ピープルズカー(大衆車)」と呼ばれる多くのクルマと同様に、1948年に発売されたシトロエン2CVも、自動車文化の枠を超えた魅力を持つコレクターズアイテムとみなされている。

クルマにあまり興味のない人にも人気があり、2010年代には価値が急上昇した。しかし、1950年代に製造されたとみられるこの個体(バンタイプ)は、あまりに傷みが激しいためか、レストアされることはなかった。ルーフパネルはリベットで固定されており、何十年も森の中に放置され、木も倒れてきている。

シトロエン2CV
シトロエン2CV

ちなみに、サイドウィンドウはオリジナルのものではない。リアウィンドウはオリジナルだが、サイドウィンドウは自動車修理の漠然とした知識しかない人が付けたものである。珍しい仕様(Glacauto)とは異なる。

シトロエン・アミ6

シトロエンは、つつましい2CVと大型で高級なDSの隙間を埋めるため、1961年にアミ6を発表した。すぐにフランスでベストセラーとなったが、当然のことながら、フランスの田舎に最も多く捨てられているクルマの1つでもある。

この個体は、小川にキャブレターの奥まで埋まっていた。形はほぼ保たれているが、事故でフロントが破損して放棄されたようだ。1時間か2時間かけて掘り出さないと、詳細はわからない。

シトロエン・アミ6
シトロエン・アミ6

記事に関わった人々

  • 執筆

    ロナン・グロン

    Ronan Glon

  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

オースチンの人気画像