ポルシェ・ケイマンGTS

公開 : 2014.09.15 23:40  更新 : 2017.05.29 19:04

■どんなクルマ?

ポルシェ・ケイマンGTSは、ポルシェの誇る2シーター、ミド・エンジンであるケイマンの中でも最上級グレードに位置するモデルである。速さやパワーにおいて、今のところこれに叶うケイマンはない。

2011年にデビューした、色々と剥き出しで、ダイアモンドのようにカチコチなケイマンRでもこのモデルには及ばない。数値で言うとケイマンGTSのほうが11psと0.97kg-mうわて。0-100km/hタイムも0.4秒速くなっている。しかしあくまでも、ケイマンGTSはケイマンRの後継者ではないというのがポルシェの公式の発表だ。

ケイマンRはラジオ無し、エアコン無し、内部ドア・レバー無し、ドア・パネルはアルミのやんちゃっ子。休日の走行会でこそ力を発揮できるクルマであったのに対し、ケイマンGTSは標準的なエクイップメントが揃っていながら、ケイマンSよりもさらに動力性能に的を絞ったモデルになっている。

ケイマンRよりもお高くなっていることもお忘れなく。

まずはGTSの装備品からおさらいしよう。基本的な装備はケイマンSはのそれに則るかたちとなっているが、加えてGTS専用の20インチ・アロイ・ホイール、GTS専用チューンのPASMアダプティブ・サスペンション(車高は10mm下げられている)、スポーツ・クロノ・パッケージ、ダイナミック・エンジン・マウント、スポーツ・シート ’プラス’、キセノン・コーナリング・ライト、スポーツ・エグゾースト、GTS専用バンパー、新デザインのリア・スポイラー、やる気をそそるデザインのステアリング、などが新たに組み合わされる。

加えて15psと0.97kg-mを捻出するためにシリンダー・ヘッドの設計まで見直されているにも関わらず、ケイマンSの最終価格比+£7,000(122万円)に抑えられていると聞けば、ポルシェの恐ろしいオプション・リストから考えるとお買い得感さえある。ケイマンSに載せられるだけのオプションと追加したとしたら、ケイマンGTSよりもさらに£800(14万円)高くなってしまうことを考えたら尚更だ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事