フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGTの国内発売を開始

2014.10.07

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ポロの最上級モデルとして、優れた環境性能と走行性能を高次元で両立したポロ・ブルーGTを10月7日より発表する。

ポロ・ブルーGTは、前モデルにも搭載していたアイドリング・ストップ・システムとブレーキエネルギー回生システムを組合せたブルーモーション・テクノロジーと、無負荷運転時に4 気筒のうち2気筒を休止するACT(アクティブシリンダーマネジメント)を搭載した 1.4ℓの4気筒TSIエンジンを搭載。最高出力は10ps向上した150psになった。このエンジンは一定条件下で走行している際、ドライバーがアクセルペダルから足を離すと、自動的に2番、3番シリンダーの作動を休止しする。また、いざという時は、トランスミッションは7速のDSG トランスミッションで、燃費は21.5km/ℓをマークする。

またポロ・ブルーGTは、空力特性に優れた専用のフロント及びリア・バンパーと、標準仕様に比べて15mmローダウンした専用スポーツサスペンションと17インチ・ダブルスポーク・アルミホイールを装着する。

ボディ・カラーは、ブルー・シルク・メタリックとピュア・ホワイト、ディープ・ブラック・パール・エフェクト、そして、リフレックス・シルバー・メタリックの 4 色だ。

価格は、2,835,000円。

関連ニュース

▶ 海外初試乗 / フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT

 
最新国内ニュース

人気記事