マツダ・アクセラスポーツ・プロトタイプ

公開 : 2013.09.27 20:18  更新 : 2017.05.29 19:13

新型アクセラはもちろんフルスカイアクティブの第3弾。プラットフォームの基本構成はほぼアテンザのショート版と考えていい。“ほぼ”と書いたのは前ストラット、後マルチリンクというサスペンションの基本形式はアテンザ(やCX-5)と同じだが、トレッド幅や車重に合わせてアーム類の一部がアクセラ専用になっているからだ。

アメリカ市場でも多く売れるアクセラは、マツダ随一のグローバルかつ量販車種だ。そういうこともあって、今回のプロトタイプ試乗会で明らかにされた日本仕様の正式ラインナップも幅広い。まず、ボディ形式はこれまでどおりの5ドアハッチバックと4ドアセダンの2種類。日本仕様のパワートレインは動力源だけで4種類、変速機その他との組み合せで総計7種類もある。まずは2.0ℓガソリンと2.2ℓディーゼルターボはアテンザやCX-5と共通だが、どちらにも6段A/Tのほか6段M/Tも用意される(これで4種類)。さらに今回初登場となるスカイアクティブ1.5ℓガソリンがあり、これにも6段M/Tと6段A/Tがある(これで2種類)。そして最後が2.0ℓガソリンベースのハイブリッド……で合計7つ。ちなみに北米仕様などには2.5ℓもある。ただし、両ボディに全パワートレインが組み合わせられるわけではなく、日本の場合は5ドアにハイブリッドの用意はなく、逆にセダンは1.5ℓ(の6段A/Tと6段M/T)とハイブリッドのみ。ちなみに今回のプロトタイプで試乗できたのは、ガソリンエンジン車だけで、ディーゼルやハイブリッドはまたの機会に。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事