徹底解説

2017.12.19

ベントレー・コンチネンタルGT新型、日本公開 性能や価格、発売日まで解説

編集部より

フルモデルチェンジしたベントレー・コンチネンタルGTがフランクフルト・モーターショー2017で公開されて3カ月。ここ日本でも3代目にあたる新型として公開されました。W12搭載車を細かく解説いたします。

text:Yasuhiro Ohto(大音安弘)

もくじ

はじめに
初代デビューから15年 新型が発表
外観
「EXP10スピード6」を基本 より大胆に
内装
職人の手仕事が光る ダッシュ中央にも注目
シャシー
W12のパワーを受容 48Vのシステムも
パワートレイン
6.0ℓW12 ツインターボで635ps
装備
装備はハイエンド ADAS採用も
代表モデルスペック
ベントレー・コンチネンタルGTのスペック

はじめに

初代デビューから15年 新型が発表

2002年に登場したベントレーの新たなパーソナルクーペ、コンチネンタルGTは、ベントレーの伝統を受け継ぎながらも、フォーマルなスタイリングを一新し、世の中に衝撃を与えた。

あれから15年の歳月を迎えた2017年8月29日、英国クルーより第3世代となる新型ベントレー・コンチネンタルGTが発表の知らせが届いた。

そして、9月に開催されたフランクフルトモーターショーでワールドデビューを飾り、大きな反響を呼んだことは記憶に新しい。

日本へのデリバリー開始は、2018年第3四半期であることが予告されているが、一早く日本に持ち込まれ、ジャパンプレミアが実施されることになった。

では、早速、ベントレーが完全刷新を謳うニューコンチネンタルGTの詳細をお届けしよう。

 

外観 ▶ 内装 ▶ シャシー ▶ パワートレイン ▶ 装備 ▶ スペック

 

人気コンテンツ