[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

ダラーラ・ストラダーレ試乗 初のロードカー市販 乾燥重量855kgに400ps

2018.03.26

100字サマリー

フェラーリやランボルギーニにも在籍していた経験のある、ジャンパオロ・ダラーラ。モータースポーツのコンストラクターが生み出したロードカーは、ロータスのミニマリズムに影響を受けているようです。「道」という名前を関するクルマの一般道での評価とは。

もくじ

どんなクルマ?
100%ストリート・リーガル
最高出力400ps ダウンフォース最大810kg

どんな感じ?
ドアとリアウイングのないクルマで一般道へ
極めて高いメカニカルグリップ
ナルド・サーキットでじっくり味わう
ダウンフォースは神の手のごとし

「買い」か?
手放しに褒め称えるのは難しい

スペック
ダラーラ・ストラダーレのスペック

どんなクルマ?

100%ストリート・リーガル

フェラーリやランボルギーニとはあまり比較しないでおこう。

ジャンパオロ・ダラーラは、イタリアのハイパフォーマンスカーを生み出す、ふたつの代表的なメーカーに所属していた経験もあるが、彼の名前を冠する初めてのロードカーは、英国からの出発となった。

ダラーラ博士によると、もっとも偉大なエンジニアはコーリン・チャップマンだという。そのため、ストラダーレにも、ロータス流のミニマリズムに溢れている。

このダラーラ社は、モータースポーツ界ではもっとも大きなコンストラクターのひとつ。F1マシンの設計・製造を行っているだけでなく、フォーミュラEやインディカー・シリーズなどのシャシーも製造していることは、ご存知の読者も多いだろう。

標準ボディにはドアがなく、ルーフも有料オプション。カーボンファイバー製のボディにミドシップレイアウトのストラダーレは、サーキット走行を前提に設計された。しかしそれだけではない。車名の「ストラダーレ」はイタリア語で「道」の意味。100%ストリート・リーガルなクルマのだ。

 
最新試乗記