海外試乗

2018.07.24

英国試乗 マツダ6(アテンザ) 2.5 GT 193psの2.5ℓ 質感を取るならMT+2.0ℓ

マツダ6 2.5 GTスポーツ・ナビ+

テスト日 : 2018年7月18日

価格 : 3万795ポンド(449万円)

文・リチャード・レーン 

編集部より

マイナーチェンジを受けたマツダ6(アテンザ)。インテリアデザインやハンドリングでの競争力は高いものの、新しい2.5ℓエンジンは納得できる完成度を得ているのでしょうか。古い町並みが残るイングランド中部の丘陵地帯で、その走りを確かめました。

もくじ

どんなクルマ?
自然吸気2.5ℓエンジンが登場
どんな感じ?
デザインも質感も向上したインテリア
ライバルより際立つステアリングフィール
余裕のパワーを取るか、燃費を取るか
「買い」か?
2.5ℓよりも2.0ℓをマニュアルで
スペック
マツダ6(アテンザ) 2.5 GTスポーツ・ナビ+のスペック

どんなクルマ?

自然吸気2.5ℓエンジンが登場

中型サルーンの中でも魅力的なマツダ6(アテンザ)の3代目が登場してから6年目。これまでで最も大きなマイナーチェンジを受けたが、一方でマツダはあまり声高に触れてはいないように思える。少なくとも英国から見ると。

フロントグリルのメッシュは奥まった位置に移動し、グリルを囲むクロームメッキ・フレームの両端は、LEDヘッドライトの下にまで伸ばされた。またフロントバンパー周りも、デザインが変更されている。しかし、マツダ6の持つ全体的な流麗な雰囲気にまでは、手を加えてはいない。他に目のつく変更点としては、ボディ両端にレイアウトされるマフラーカッターの形状が若干変更された程度。

反面、ボンネットの中身は刷新されている。この6には、マツダのダイレクトインジェクション・エンジン、新しい2.5ℓのスカイアクティブGが搭載されたのだ。この変更は、消費者の志向がディーゼルからガソリンへと緩やかにシフトしていくことを予想したもの。選択肢を増やしたいという思いもあるだろう。

新しいエンジンは自然吸気で、ディーゼルの人気が高くないアメリカでは既に提供されており、大きなSUVのCX-9や、一回り小さな弟分のCX-5に搭載されている。最高出力193psというスペックは、英国仕様のマツダ6では最もパワフルなエンジンとなり、低負荷時には4気筒のうち2気筒を休止させる機能も搭載されている。その結果、WLTP(World Harmonized Light Duty Test Procedure:乗用車等の国際調和燃費・排ガス試験方法)での燃費は14.9km/ℓとなる。

このトップモデルとなる2.5ℓのほかに、既存の2.0ℓスカイアクティブGエンジンも改良を受けており、145psと165psを発生。すべてのエンジンにはマツダ製の6速ATが組み合され、細身のステアリングホイールに取り付けられたシフトパドルを用いて操作する。

排気量が増え、パワーアップを果たした走りが楽しみだ。

 
最新試乗記

人気コンテンツ