BMW M2コンペティション 初試乗 2018年ベスト・ドライバーズカー有力候補

公開 : 2018.08.03 10:10  更新 : 2018.08.03 10:11


FRの醍醐味をサーキットで

サーキットでのハンドリングのバランスにも目を見張る。高速コーナーでは特に、アンダーステア気味となるが、重たいエンジンがフロントに乗り、パワーもかなりあるから仕方がないだろう。

しかし、コーナリング時にブレーキペダルに触れるか、スロットルペダルを戻すだけで、M2の挙動はニュートラルに戻される。不安感なくコーナリングをこなし、ライン調整もスロットルペダルで容易に行える。これこそ、優れた後輪駆動のシャシーをもつクルマを操る楽しさであり、醍醐味だと思う。

ECS(横滑り防止装置)の設定も良い。一般道向けの標準モードでは、激しい加速時には明確に介入を感じるが、サーキットならMダイナミックモードを選びたい。90度ほど曲がるようなコーナーでのドリフトでも、ECSは受け入れてくれるのだ。もしM2コンペティションを購入したなら、1度はサーキット走行を楽しんで欲しいと思う。

そしてM2にも、独自の車両のダイナミクス設定を登録できるMボタンが、ステアリングホイールのスポーク下に追加された。マニュアルの場合は、ダンパーの設定がそもそも固定式だから、M5ほどショートカット・ボダンの意味を持たないことも事実ではある。

しかしサーキットでの走行会で狙ったセクションに差し掛かったら、ボタンひとつ押すだけで、タイヤスモークを派手にあげて駆け抜けることも簡単にできる。例えばの話だけれど。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事