[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

オープン4WDスポーツ対決 R8 vs 911 911改良の成果は 回顧録

2019.01.01

100字サマリー

マイナーチェンジを受けたポルシェ911ターボ・カブリオレを同じく500ps級4WDスーパーカーのR8スパイダーと対決させました。911の底知れぬ実力には驚嘆させられましたが、R8が持つスーパーカーに必須のドラマ性に欠けるとの結論です。

もくじ

911の盛大なサウンド
見事なデザインのR8
前モデルより20ps増しに
911より華やかなR8
古典的スーパーカーらしいR8
爽快感ある走り
3.8ℓターボの強烈なトルク
精密な機械らしいポルシェ
楽で速いのは911ターボ
スーパーカーらしい資質は

911の盛大なサウンド

まず最初に911ターボのほうに乗るとしよう。急速に押し込まれる吸気が発する強烈かつ急激なサウンド。911ではお馴染みのノイズだ。特にオーバーレブ寸前での甲高いさえずりは実に味わい深い。

今回はいつにも増して猛々しく聞こえるが、それは単純に騒音を遮蔽するルーフがないからという理由からではない。数m先を走るR8の5.2ℓV10が8500rpmのレッドライン直前で奏でる旋律をかき消してしまうほど、911ターボが響かせる音量はそもそも盛大なのだ。

われわれがはるばるウェールズ北部のスノードン国立公園までやってきたのは、走り甲斐のある難度の高い道を求めてのことだ。そしてもうひとつ、まだ冬のさなかの英国にもっとも早く春の兆しが訪れるのはこの地であると、天気予報が告げていたからでもある。

だから、その予報を聞いて繰り出したクルマがほかにも少なからずいるものと予想していたのだが、幸い道はすいていた。混雑していたのは、意外にも上空のほうだった。

ジェット練習機のT1ホークやCH-47チヌーク大型輸送ヘリが何機か飛び回り、米空軍のF-15イーグル戦闘機の編隊までが強烈な爆音を轟かせている。いくらこっちが2台合わせて1025psの出力を誇るといっても、頭上わずか1000フィート足らずの低空を飛んでいる推力23tの超音速ジェット機とは勝負になるはずもない。

 
最新試乗記