試乗記

2019.06.21

プジョー新EV「e-2008」プロトタイプに試乗 乗り心地/内装を評価 加速、物足りず

プジョーe-2008プロトタイプ

編集部より

新型プジョー2008に設定される電気自動車バージョンのプロトタイプに、英国版AUTOCAR記者が試乗しました。加速性能や運転の爽快感は物足りないようですが、乗り心地や内装の質感は高く評価しています。

もくじ

最新プラットフォームの採用でEV化
電飾のみの航続距離は340km
レスポンスには欠けるが騒音は抑えられている
コーナリング時の安定感と乗り心地は優秀
「プレミアムな」質感を求める消費者も納得
発売までには改良の余地も
プジョーe-2008スペック

最新プラットフォームの採用でEV化

ダズル迷彩柄のラッピングで覆われたこのクルマは、プジョーのコードネーム「P24」と呼ばれる新型コンパクト・クロスオーバーだ。

しかし、われわれにとっては近々販売が始まる2代目プジョー2008と言った方がわかりやすいだろう。英国では2020年内に発売が予定されている。

より大きな3008と5008の成功を受けて開発された新型2008だが、実はなかなか先進的なモデルだ。

そのアーキテクチャには、最新のCMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)が採用されている。これは先代より安全性が向上し、車内や荷室が広くなったということだけでなく、完全電気自動車バージョンも作ることができるということを意味する。その量産前モデルに試乗した。

当然ながら、外観は派手なシートで隠されているため、ルックスについて判断することはできない(とはいえ、現時点ではプジョーは既に2008の最終完成形の写真を公開済みなのだが)。

しかし、新型2008が先代より大きくなっていることは明らかだ。全長と全幅は増大しているものの、車高は20mmほど低くなっている。それによって、よりスポーティで目的意識がはっきりしていることが、迷彩で隠されたボディからも感じられる。

 
最新試乗記