マニアひれ伏すV8+3シリーズ アルピナB8 4.6に試乗 20世紀メカニカルチューンの極み

2019.10.27

サマリー

イエローのE36 3シリーズ。しかしこれはBMW M3ではありません。特別なオーダーをへて、日本国内で大切にされた「B8 4.6」。吉田拓生が観察するとともに、試乗します。「メカニカルチューンの極み」と表現されています。

もくじ

マニアがひれ伏すV8+3シリーズ
メカニカルチューンの極みがここに
危うさこそ、B8 4.6の揺るがない価値

マニアがひれ伏すV8+3シリーズ

text:Takuo Yoshida(吉田拓生)
photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)

写真に写ったダカールイエローのE36 3シリーズを見て、ほとんどの人がBMW M3を想像したに違いない。

だがよく見てみれば日本ではあまり見かけない4ドアモデルだし、フロントには象徴的なALPINAの文字を掲げたチンスポイラーが鎮座している。

ダカールイエローと4ドアボディが見慣れない雰囲気を作り出すアルピナB8 4.6。この個体はサイドスカートやミラーといったパーツが新車時にアルピナ社によって組み込まれている。
ダカールイエローと4ドアボディが見慣れない雰囲気を作り出すアルピナB8 4.6。この個体はサイドスカートやミラーといったパーツが新車時にアルピナ社によって組み込まれている。

アルピナのイメージカラーである特徴的なグリーンやブルーに塗られてはいないが、ボディサイドのデカールやリアエンドのエンブレムが証明しているように、これはアルピナ、それもB8 4.6なのである。

オーナーの張健中さんにとってこのB8 4.6は2台目。1台目はもらい事故で全損になってしまったため、再び同じクルマを注文している。

しかもその時、人と違う色のクルマが好きだという張さんは、E36 M3のイメージカラーだったダカールイエローに塗ってもらったのだという。

実はサイドミラーやサイドスカート、リアバンパーもM3用が装着されているが、これもアルピナ社に注文した新車時からの装備だという。

アルピナの良さは、普通の人が見たらBMWそのものなのにクルマ好きからは尊敬の眼差しが注がれる点だろう。

中でもB8 4.6の良さは、見た目は直6搭載のアルピナと変わらないのに、リアのエンブレムを見た瞬間に本当のマニアだけがひれ伏す点にある。

 
最新試乗記