【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

【軸は4輪駆動の機能性】スバル・フォレスター eボクサー英国試乗 マイルドHV

2019.12.13

100字サマリー

マイルドハイブリッドとなるeボクサーを搭載したスバル・フォレスター。目立った燃費向上は得られずとも、スバルらしい路面を選ばない走りは健在。英国編集部では、生活四駆としての実力を評価しています。

もくじ

マイルドハイブリッドを搭載した5代目
ハイブリッド化による恩恵は限定的
標準装備は充実。舗装路で水を差すCVT
ディーゼルを超える経済性は得にくい
4輪駆動が暮らしを支えてくれる人へ
スバル・フォレスター 2.0i eボクサー・プレミアム・リニアトロニックのスペック

マイルドハイブリッドを搭載した5代目

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
日本では2018年にモデルチェンジとなった、5代目スバル・フォレスターが英国にも上陸した。ガソリンエンジン版のハイブリッドとしては、初めてのスバルだ。

2019年の初めに一度プロトタイプを試乗しているが、今回は右ハンドル車。マイルドハイブリッドがどの程度の恩恵をもたらすのか、実世界で確認してみたい。欧州ではファミリー層向けの4輪駆動SUVといえば、ディーゼルがデフォルトだった。その代替案になる実力は備えているだろうか。

スバル・フォレスター 2.0i eボクサー・プレミアム・リニアトロニック
スバル・フォレスター 2.0i eボクサー・プレミアム・リニアトロニック

自動車の電動化を進める動きは、政治課題としてかなり高いところにある。ほぼ揺るがない、既定路線だ。

英国ではWLTP値での二酸化炭素排出量に応じた自動車税制へとシフトするため、来年度からかなり大きく課税率が変わってくる。社用車もハイブリッドへ乗り換える動きは加速するだろう。

このタイミングで英国導入となる、マイルドハイブリッドを搭載したスバル・フォレスター。少し遅かったように思う。ハイブリッドとしても控え目な内容だし、すでにハイブリッドSUVのライバルが英国でもいくつかリリースされている。

加えてeボクサーは、経済面でさほど大きな恩恵を与えてくれるシステムでもないようだ。充電用プラグをつなぐ手間はないとはいえ、トヨタやレクサスのハイブリッドモデルへ与える影響は小さい。

 
最新試乗記