【並み居るライバルより上】プジョー2008 1.2ピュアテックに試乗 130psガソリン

2019.12.16

サマリー

ライバルがひしめくコンパクト・クロスオーバーの領域に挑むプジョー2008。同じボディサイズの中ではハッチバックに魅力を感じるという筆者ですが、コンパクト・クロスオーバーの中での仕上りや上々といえそうです。

もくじ

ガソリン/ディーゼルエンジンとEVをラインナップ
英国での主軸は1.2Lの3気筒ターボガソリン
魅力を感じる3Dのiコクピット
乗り心地と姿勢制御との良いバランス
筆者ベストは130psガソリンのアリュール
プジョー2008 1.2ピュアテック 130GTラインのスペック

ガソリン/ディーゼルエンジンとEVをラインナップ

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
毎週のように新しいコンパクト・クロスオーバーやSUVが登場している現在。来年の1月には、また別のクルマが登場することになるだろう。

今週新しくご紹介するのはプジョー2008。背の高いコンパクトなプジョーとなるが、208よりは一回り大きい。全長は4300mmとなり、先代の2008より150mmほど成長している。フォルクスワーゲン・ゴルフよりも長くなった。

プジョー2008 1.2ピュアテック 130GTライン
プジョー2008 1.2ピュアテック 130GTライン

クルマの骨格となるのは、プジョーの小型車用アーキテクチャとなるCMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)。このプラットフォームは通常のエンジンと同様に、バッテリーとモーターによる純EVにも対応していることは、熱心なAUTOCARの読者ならご存知だろう。

プラグイン・ハイブリッドは、より大きなプジョーやシトロエン、DSのモデルに採用される予定となっている。だが、プジョーが属するPSAグループがFCA(フィアット・クライスラー)と経営統合したのなら、その計画にも変更が及ぶかもしれない。

当面は、プジョーがEVとして独立モデルを制作する予定はない。1つのモデルに通常のエンジン仕様とEV仕様とを共存させ、ドライバーに選んでもらうという戦略を取っている。筆者としても長期的な戦略として関心を寄せているものだ。

多くの自動車メーカーと同様に、プジョーも二酸化炭素の排出量削減目標を達成するために、ローエミッションやゼロエミッションのクルマを導入する必要がある。今のところ、プジョーの場合は計画通りに進んでいるようだ。

 
最新試乗記

人気記事