[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

航続距離339km プジョーe-208 GT 既に仕上がりは好印象 乗り心地は要改善

2019.10.22

100字サマリー

フランス車らしいおしゃれなデザインと、EVの実用性の高さを兼ね備えたプジョーe-208。既に全体の仕上がりは好印象ですが、猫足で名を馳せたブランドへ期待する乗り心地には達していないようです。ポルトガルで試乗しました。

もくじ

ガソリンやディーゼルと並列のEV
100kW急速充電器にも標準対応
快適で落ち着きのあるインテリア
加速は鋭いが増えた車重の慣性は明確
全体的な仕上りは既に好印象
プジョーe-208 GTのスペック

ガソリンやディーゼルと並列のEV

text:Richard Lane(リチャード・レーン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
クルマのコンセプトはシンプル。ダウンサイジング・エンジンではなく、電気モーターで走る新しいプジョー208だ。

アピアランスの主張も強くはない。ルノーのゾエやフォルクスワーゲンのID.3など、自動車メーカーがEVをリリースする際、既存モデルとは異なる、まったく新しいクルマを作り上げる場合が多い。ID.3には、ポロとは異なるデザインと構造に加えて、サブブランド名も与えられている。

プジョーe-208 GT
プジョーe-208 GT

一方でプジョーe-208の場合は、通常の208と同じプラットフォームがベース。エクステリアやインテリアのデザインも同一で、同じ生産ラインで生み出される。違いとしては、EV化のために大きなバッテリーを搭載する都合上、リアのトレッドが広げられサブフレームが強化されていることくらい。

プジョーが構築した戦略もシンプル。目を引くデザインで多くのドライバー候補をディーラーへと引き寄せ、生活や志向にあったパワートレインを選んでもらう、というもの。多くはガソリンになるだろう。長距離を定期的に走るのなら、24.7km/Lの燃費を誇る1.5Lのディーゼルという選択肢もある。

電気モーターが良いと思えば、このe-208が控えている。紙面上の性能は充分良く見える。リチウムイオン・バッテリーの容量は50kWh。航続距離はより実環境に近いWLTP値で339km。平均的なドライバーなら、週に1回充電をすれば充分にまかなえるだろう。

 
最新試乗記