【スーパーチャージャドV8】ジャガーFタイプ P575 AWD R 575ps 限りある余命

2020.02.17

駆動系も足回りも大幅に手直し

前置きが長くなってしまった。今回、AUTOCARが快晴のポルトガルで試乗を許されたFタイプもV8エンジンを搭載しているが、別仕立てのものだった。トップグレードとなる、4輪駆動のP575と呼ばれるFタイプ Rだ。

英国ではクーペが9万7280ポンド(1391万円)、コンバーチブルが10万2370ポンド(1463万円)という価格が付いている。決して安い金額ではないが、ジャガーが開発資金をつぎ込んで完成させたことは伝わってくる。

ジャガーFタイプ P575 AWD R(欧州仕様)
ジャガーFタイプ P575 AWD R(欧州仕様)

ベースとなるのは、古いFタイプ SVRと同じV8エンジンで、575psと71.2kg-mを獲得。電動パワーステアリングの設定にも大幅に手を加えている。8速ATはZF社製となり、ジャガーXE SV プロジェクト8の開発で得た知見を導入して、改良が施されている。

サスペンションも大幅に見直された。タイヤはフロントが265/35、リアが305/30という幅広のピレリPゼロを履く。専用開発されたもので、幅は従来から10mm広がっている。

これらが融合し、爆発的な直線加速と、スポーツカーらしい操縦性と安定性を獲得した。一方で、長距離移動を安楽にこなすグランドツアラー的要素は少し薄まった。

乗り心地は非常に優れている。価格的に近似する、ポルシェ911 992型カレラ4Sよりも柔軟で当たりが柔らかい。

コーナーをいくつか曲がると、ポルシェが備えているコーナリングバランスと素直な操縦性には及んでいないことがわかる。しかし、ドライバーを陶酔させるFタイプの走りに、心は奪われるだろう。

 
最新試乗記

人気記事