【詳細データテスト】 ランドローバー・ディフェンダー オン/オフ共に無敵 高コストだがクラスベスト

2020.05.23

サマリー

ランドローバーの象徴がついに世代交代。オフロードで無敵の性能を発揮した新型ディフェンダーは、謳い文句どおりオンロードでの走りもみごと。燃費や価格には問題もありますが、間違いなく最強のクロカン四駆です。

もくじ

はじめに
意匠と技術 ★★★★★★★★★☆
内装 ★★★★★★★★★☆
走り ★★★★★★★★☆☆
使い勝手 ★★★★★★★★☆☆
操舵/快適性 ★★★★★★★★★★
購入と維持 ★★★★★★☆☆☆☆
スペック
結論 ★★★★★★★★★☆

はじめに

ようやく新型ディフェンダーの、現実的なテストの機会を得た。このクルマをわれわれが試乗するのははじめてではないが、これまでは地球上でももっとも過酷と思われるような、メカニズムに極限の信頼性を証明するよう強いるオフロードばかりだった。

つまり、一般ユーザーが主に体験するこのクルマのキャラクターを、本当に知ることができるテストドライブはまだ実施していないといえる。情け容赦なく繰り返される日常遣いでは、都会というジャングルをかき分け、単調なハイウェイを退屈に耐えて流し、朝から晩まで家族の酷使に耐えなくてはならないのだ。


ただただ機械的に、乗り込んで、走り出して、目的地を目指す日々。今年の新型車の中でもおそらくもっとも重要で興味深い一台であろうこのディフェンダーだが、顧客の元へ納車された途端、そんなルーティーンワークを課される個体が大多数を占めるはずだ。

新型ディフェンダーには、3ドアショートの90と、5ドアロングの110が用意されるが、販売はまず110からはじまる。エンジンはディーゼルとガソリンがそれぞれ2機種ずつだ。

今回のテスト車はトップグレードのX仕様で、エンジンは専用設定のマイルドハイブリッドを組み合わせた直列6気筒ガソリン。Xグレードは、このP400と銘打たれたパワートレイン一択となる。当然というべきか、価格は高い。

ただ、より販売比率が高くなるであろうディーゼルモデルは、試乗記をお届けできる別の機会があるだろう。そこで今回は、新型がディフェンダーというブランドバリューに恥じない高みに達したのか、最上位機種で検証したいと思う。

 
最新試乗記

人気記事