ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

ミシュランのオールシーズン・タイヤ「クロスクライメート」日本導入 オートバックス

2018.03.08

100字サマリー

ミシュランのオールシーズン・タイヤが日本発売されました! 欧州で展開している「クロスクライメート・シリーズ」という銘柄です。今週末、冬タイヤから夏タイヤへ戻そうとしている方は一読を。まずはオートバックスで先行販売されます。

4シーズン・タイヤ オートバックスで先行発売

オートバックスセブンは、日本ミシュランタイヤのオールシーズン・タイヤ「クロスクライメート・シリーズ」(全21サイズ)を、オートバックス公式サイトで発売した。また、各店舗では3月12日より、順次販売を開始する。


「クロスクライメート・シリーズ」は、ミシュランが開発した、雪道も走れるタイヤ。ドライ/ウェット路面の性能はそのままに、雪上走行も可能で、突然の降雪に対する不安を解消する。季節の変わり目でタイヤ交換する必要がないのは大きなメリットだ。

また、ミシュランの夏用スタンダード・タイヤである「エナジーセーバー+」よりも耐摩耗性能を向上している。


トレッドは、雪踏みに適用したパターン、ブレーキ性能を高める面取り加工したブロックを採用。ショルダー部の溝は、摩耗するにつれて拡大する構造とし、長期にわたって雪上のトラクションが確保される仕組みとした。

クロスクライメート、クロスクライメート+、クロスクライメートSUVの3モデルを用意。クロスクライメートは14インチ。同+は15〜17インチ。同SUVは17インチという内訳だ。


3モデル合わせて、サイズは14インチ〜17インチまで、21種類をカバーする。価格はオープン。

なお、AUTOCAR JAPANでこの記事をご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『ミシュランのオールシーズン・タイヤ、クロスクライメート』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

 
最新海外ニュース