[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

スマートEVに2シーターオープン 「フォーイーズ・コンセプト」 パリ発表へ

2018.10.01

100字サマリー

スマートはフォーツーをベースとした電動オープン2シーター、「フォーイーズ」をパリで発表します。ルーフが廃され、フロントのウインドスクリーンは小型化されています。2020年以降全車種をEV化するスマートの将来を体現するモデルです。

もくじ

近未来の都市型モビリティへ
以前にも同様のコンセプトを発表

近未来の都市型モビリティへ

スマートはその20周年を記念し、電動のオープントップ2シーター、「フォーイーズ」を発表した。

このクルマはスマートEQフォーツー・カブリオをベースとし、「都市型モビリティの明快なソリューション」として開発された。ルーフが無いことに加え、短いウインドスクリーンを特徴とする。シート後方にはふたつの「ドーム」が設けられ、事故時の安全性に配慮している。

パリ・モーターショーで展示されるフォーイーズは白のボディに「ストリーム・グリーン」のアクセントが加えられるほか、専用のインテリアが与えられる。

 
最新海外ニュース