[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

スマート、電動スピードスター仕様「フォーイーズ+コンセプト」発表 ジュネーブ

2019.03.04

100字サマリー

スマートがジュネーブ・モーターショーで新しいコンセプトカーを公開します。2018年のパリ・モーターショーで発表されたモデルを
さらに進化させ、取り外し可能なルーフが装備されました。これなら雨の日も寒い日も、一年通して乗れそうです。

もくじ

ベースはスマートEQフォーツー・カブリオレ
過去にはさらにミニマリスト的なオープントップ仕様も

ベースはスマートEQフォーツー・カブリオレ

メルセデス・ベンツのシティカー部門スマートが、フォーイーズ・コンセプトをアップデートしたスピードスター・バージョンを発表した。フォーイーズ+と名付けられ、来週開幕するジュネーブ・モーターショーで一般公開される。

2018年のパリ・モーターショーで発表された2人乗りオープントップのフォーイーズをベースに、今回のフォーイーズ+ではキャビンを覆う強化ファブリック製ルーフが装備された。これによって乗員は雨などを防ぐことができるようになった。他にもスタイリングにわずかな変更が加えられている。

最初のフォーイーズと同様、この新しいコンセプトカーもベースになっているのは、スマートEQフォーツー・カブリオレ。スマートのいう「都市モビリティのわかりやすいソリューション」は、完全電動ドライブトレインと小さな専有面積を特徴とする。

標準のスマート・フォーツー・カブリオレと比べると、ウインドスクリーンが低く、シート背後に特徴的な2つのドームが加えられている。万が一、横転した際に乗員を守るためだ。

新たに装備されたルーフは、ハードシェルを布地で覆った構造で、取り外せるように設計されているという。軽量で耐久性が高く、一年を通して使うのに向いているとスマートはいう。

 
最新海外ニュース