フィアット・チェントヴェンティ パンダの後継か ジュネーブショー

2019.03.05

サマリー

フィアットはパンダの生まれ変わりともいえる小型EVシティカーのコンセプトを公開しました。多数のオプションが用意され、自分に必要なものだけを選択できます。将来的には市販化も計画されているとか。

もくじ

パンダの再来 EVシティカー
オプション多数
小型EVに注力へ

パンダの再来 EVシティカー

フィアットはコンセプト・チェントヴェンティというパンダの再来ともいえるEVシティカーをジュネーブ・モーターショーで公開した。

この小型車はフィアットの120周年を記念して名付けられ、パンダなどのフィアット車のスタイリング要素を取り入れている。「フィアットにしかできない電動モビリティ」を表現したとのことだ。

チェントヴェンティはカスタマイズ性の高いクルマであり、標準状態ではバッテリーはひとつのみであり、航続距離はわずか100kmとのことだ。オプションでバッテリーを追加することにより、最長500kmまで延長することができる。フィアットによれば、バッテリーの追加による運動性能や安全性への影響はないとのことだ。

今回ジュネーブで展示されたコンセプトからは、ミニマルなダッシュボードが確認されたほか、助手席は装着されていなかった。またダッシュボード上には、アクセサリーなどを装着できるノッチが用意されている。子供向けシートやラップトップテーブルなどもオプションで選択可能だ。

スマートフォンやタブレットなどをデジタルディスプレイスクリーンとして利用することを想定しているが、従来型のスクリーンも選択可能だ。

 
最新海外ニュース

人気記事