[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

独断と偏見で選ぶ 英国版AUTOCARお気に入り50台 50〜40位

2019.09.07

100字サマリー

今回だけはジャーナリストのルールを無視して、英国版AUTOCAR編集部が独断と偏見で選んだいま英国で購入することの出来る新車ベスト50台をご紹介します。ランクインした多くが納得のモデルであり、最後に残った5台にもご賛同頂けるのではないでしょうか。まずは40位までです。

もくじ

ジャーナリストの心得 今回は特別
50位:ボルボXC90
48位:スコダ・オクタヴィアvRS
46位:BMW i3
44位:ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ
42位:トヨタ・カローラ

ジャーナリストの心得 今回は特別

ジャーナリストとして守るべき最初のルールは、読者を意識して記事を執筆するということであり、われわれはつねにこのルールに基づいて各モデルを評価してきた。

例え個人的にはまったく魅力を感じないクルマだったとしても、それが出来の悪さや、ひとにお勧めできないモデルだということを意味しているわけではない。

ベントレー・ベンテイガ
ベントレー・ベンテイガ

そうしたモデルもあるひとびとにとっては魅力的な存在であり、われわれにはさまざまな読者がいることを考えれば、ときにはまさにお勧めすべきモデルともなる。

だが今回は別だ。過去数年にわたり年に1度、われわれの独断と偏見に基づいて新車で購入することのできるお気に入りの50台を発表してきたのであり、前回は5万ポンドという価格上限を設けたが、今回はすべての新車に門戸が開かれている。

さらに、少なくともわれわれにとって喜ばしいのは、ルールどころかどんなモデルがリストアップされるべきかの指針すらないということであり、つまり、他にお気に入りのモデルが49台以下しか存在しなければ、そのモデルはリストに入り、そうでなければ入らないとうことだ。

今回のリストはロードテスターたちとエディターの直観で決められたものでしかない。なお、来週からはいつもどおりの記事に戻るのでご安心を。

 
最新海外ニュース