[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

ほぼ軽サイズ、新型EV「ニッサンIMk」 自動バレーパーキング機能/新EVプラットフォーム

2019.10.01

100字サマリー

日産が、ほぼ軽自動車サイズの新型EVコンセプトを発表しました。「ニッサンIMk」は、プロパイロットの進化版を採用し、幹線道路でも使用できるといいます。東京モーターショーに登場する新EVを紹介します。

もくじ

プロパイロット2.0の進化版
クルマがドライバーをお迎え

プロパイロット2.0の進化版

日産は、ほぼ軽規格のサイズとなる新型EVコンセプトカー「ニッサンIMk」を公開した。

「ニッサンIMk」は、新開発のEVプラットフォーム、新開発パワートレイン、低重心のパッケージを採用し、軽自動車規格の常識を覆すEVならではの力強い走りと静粛性を実現するシティコミューター。

軽サイズの新型EV「ニッサンIMk」
軽サイズの新型EV「ニッサンIMk」

ストップアンドゴーや車線変更が多い街中、傾斜のある道を走るときなど、あらゆるシーンにおいて、軽自動車の常識を変える走りを提供。ボディサイズは、全長×全幅(ドアミラーを除く)×全高:3434×1512×1644mmという大きさにまとめている。

最新の運転支援技術やコネクテッド機能を搭載しているのも特徴だ。

「ニッサンIMk」は、運転支援技術であるプロパイロット2.0を進化させた次世代の運転支援技術を搭載。高速道路での運転支援から主要幹線道路へ利用範囲を拡大し、幅広いシーンでドライバーの運転をサポートするという。

クルマがドライバーをお迎え

また、スマートフォンを使ってクルマを自動的に駐車できる「プロパイロット・リモートパーキング」や、クルマから降りると無人で自ら空きスペースに駐車し、必要なときにドライバーがスマホで呼ぶと迎えに来る「ドライバーレスバレーパーキング機能」を搭載。

さらに、V2X(Vehicle to Everything)を装備しているので、駐車中でもドライバーのスケジュールや次の目的地を事前に把握することで、次の移動までもシームレスにサポートする。

軽サイズの新型EV「ニッサンIMk」
軽サイズの新型EV「ニッサンIMk」

ドライバーのスケジュール管理ソフトとつながり、クルマが渋滞など最新の交通状況を考慮してスケジュールに間に合う出発時間をスマートフォンに通知するので、時間を無駄にしない移動が実現するのだ。

また、スマートフォンと連携してドライバーを認証し、クルマに乗り込むたびにシートポジションや好みの香りなど、認証されたドライバー個人にパーソナライズされたセッティングに変更するのも特徴。

ドライバーが乗り込む前にエアコンやステアリングヒーター、シートヒーターなどが作動することで、乗車する人が快適な車内空間をあらかじめ作ることもできる。

家族でクルマを共有する場合でも、いつでも車内を自分のお気に入りのプライベートスペースにしておくことができる新しい発想の機能だ。

「ニッサンIMk」は10月下旬から開催される東京モーターショー2019に展示される予定である。

 
最新海外ニュース