【2019年 最高のコンパクト・サルーン8選】 走りと快適性の両立がカギ

2019.12.29

サマリー

SUVの人気が高まる昨今、コンパクトサルーンの売り上げは低迷しています。このクラスで勝ち残るためには、ハンドリングと快適性、それに内装の質感や経済性などすべてを兼ね備えていなければなりません。このバランスが勝敗を決したとも言えるでしょう。

もくじ

8位 プジョー508
7位 フォルクスワーゲン・パサート
6位 アウディA4
5位 ボルボS60
4位 メルセデス・ベンツCクラス
3位 アルファ・ロメオ・ジュリア
2位 ジャガーXE
1位 BMW 3シリーズ

8位 プジョー508

プジョーは新型508において、スタイリング重視のクルマがひしめくこの市場をリードする立ち位置を確保した。このクルマはコンパクトサルーンの中でも比較的小柄であり、後席のスペースは控えめだ。

しかし、508の特徴的な側面のラインに加え、目立つデイタイム・ランニングライトやフレームレスのドアなどが際立つ個性を放っている。

プジョー508
プジョー508

先代508よりも80mm短く、70kg軽く仕上げられているが、ハッチバック・スタイルのリアゲートにより荷室へのアクセス性が確保されている。エンジンはディーゼルが主体だが、1.6Lのガソリン・ターボも設定され、223psを発生する。

ハンドリングは俊敏でありながら、大径ホイールを選択しても洗練された乗り心地が味わえる。しかし、最上位のGTモデルにのみアダプティブ・ダンパーが用意される。

7位 フォルクスワーゲン・パサート

フォルクスワーゲン・パサートの強みはたくさんある。インテリアは整然として作りも良く、走りも洗練され完成度は高い。エクステリアはやや控えめだがハンサムで、その装備類も十分だ。

ユーロ6対応の4気筒ディーゼルは洗練性、パフォーマンス、経済性を兼ね備え、PHEVのパサートGTEを選べばさらにCO2排出量を低減することができる。

フォルクスワーゲン・パサート
フォルクスワーゲン・パサート

2019年のフェイスリフトに伴いGTEのバッテリーが大型化され、およそ70kmにわたりゼロエミッションでの走行が可能となった。

パサートは快適な長距離クルーザーであり、その運動性能においてはジュリアやXEにはかなわない。その代わり、落ち着いた走りを見せてくれる。交通戦争から離れてゆったりとした移動をしたいのであれば、こんなクルマがおすすめだ。

 
最新海外ニュース

人気記事